ソーシャルワークの哲学的基盤――理論・思想・価値・倫理

  • 明石書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750350431

作品紹介・あらすじ

ソーシャルワークにおける哲学、価値、倫理とは何か。社会福祉の実践的な課題を哲学の問題に結びつける本書は、専門職としてのソーシャルワーカーのあり方を考える上での道標となる。ソーシャルワークにかかわる教員、学生、実践者のためのテキスト。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

・(米国州立)ロードアイランド大学 社会福祉大学院 教授 Ph.D.(シカゴ大学)
・元全米ソーシャルワーカー協会(NASW)倫理綱領改訂委員会 委員長
・元『ソーシャルワーク教育ジャーナル』誌 編集長
・主著『ソーシャルワークの価値と倫理』1993(秋山智久監訳、中央法規出版、2001)
 『ソーシャルサービスにおける倫理的ディレンマ――ソーシャルワーカーのためのガイド』1990(2nd.)など、10数冊。
・2016年、全米ソーシャルワーカー協会(NASW)より「ソーシャルワークのパイオニア」の称号授与

「2020年 『ソーシャルワークの哲学的基盤』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秋山智久の作品

ソーシャルワークの哲学的基盤――理論・思想・価値・倫理を本棚に登録しているひと

ツイートする
×