生活困窮と金融排除――生活相談・貸付事業と家計改善の可能性

著者 :
制作 : 小関 隆志 
  • 明石書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750350578

作品紹介・あらすじ

日本の生活困窮者が適切な金融サービスを利用できない「金融排除」の問題を、家計を調べる「ファイナンシャル・ダイアリー調査」・インタビュー調査で探るとともに、困窮者への家計相談・貸付事業など現場の取り組みを紹介し、貧困研究に新たな視点を導入する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 摂南大学図書館OPACへ⇒
    https://opac2.lib.setsunan.ac.jp/webopac/BB50222663

  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/533811

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

明治大学経営学部 教授
1999年一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了。博士(社会学)。2001年に明治大学経営学部専任講師。同准教授を経て、2019年に現職。専門はソーシャル・ファイナンス論、NPO経営論。主著に『金融によるコミュニティ・エンパワーメント』(ミネルヴァ書房、2011年)。

「2020年 『生活困窮と金融排除』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小関隆志の作品

生活困窮と金融排除――生活相談・貸付事業と家計改善の可能性を本棚に登録しているひと

ツイートする
×