談論風発 琉球独立を考える――歴史・教育・法・アイデンティティ

制作 : 前川 喜平  松島 泰勝 
  • 明石書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750350592

作品紹介・あらすじ

日本政府は、琉球に米軍基地を押しつけ、民意を無視して辺野古新基地建設を強行している。それは植民地政策ではないのか。かつて「居酒屋独立論」と呼ばれたこともある琉球独立論を、改めて歴史・教育・法・アイデンティティの視点からとらえ直す4つの対談・鼎談。

著者プロフィール

1955年奈良県生まれ。1979年東京大学法学部卒業、文部省に入省。文部大臣秘書官、大臣官房長、初等中等教育局長、文部科学審議官などを経て、2016年文部科学事務次官。2017年退官。
現在、現代教育行政研究会代表、日本大学文理学部非常勤講師。福島市と厚木市で自主夜間中学のスタッフも務める。

「2021年 『ストップ!! 国政の私物化―森友・加計、桜、学術会議の疑惑を究明する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

前川喜平の作品

談論風発 琉球独立を考える――歴史・教育・法・アイデンティティを本棚に登録しているひと

ツイートする
×