変容するフリースクール実践の意味――設立者のナラティヴ分析から

著者 :
  • 明石書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750350615

作品紹介・あらすじ

なぜフリースクールという組織を立ち上げ、運営し続けるのか。公教育制度に組み込まれず厳しい財政状況にありながらも300以上存在するフリースクールの「設立者」に初めて焦点を合わせた国内唯一の研究書。設立者の高齢化に伴う世代交代問題についても考察。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 摂南大学図書館OPACへ⇒
    https://opac2.lib.setsunan.ac.jp/webopac/BB50222656

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

大阪大学大学院人間科学研究科助教
大阪府立大学大学院人間社会学研究科人間科学専攻博士後期課程修了
博士(人間科学)
大阪府立大学客員研究員を経て2020年より現職
学部時代にフリースクールでのボランティアを通して自身の生き方を見つめ直した経験から、フリースクールを人生に欠かせないものと位置づけ、フリースクールに関わり続ける。現在、NPO法人フォロ理事。
フリースクール研究と成人教育学の架橋を目指して、フリースクールに関わる大人に焦点を当てた研究を継続中。

「2020年 『変容するフリースクール実践の意味』 で使われていた紹介文から引用しています。」

橋本あかねの作品

変容するフリースクール実践の意味――設立者のナラティヴ分析からを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×