ザンビアを知るための55章 (エリア・スタディーズ 180)

制作 : 島田 周平  大山 修一 
  • 明石書店
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750350622

作品紹介・あらすじ

世界最大級の滝ヴィクトリア・フォールズや、宣教師・探検家リヴィングストンの事跡で知られるアフリカ南部の国。周辺国同様の多民族国家ながら内戦や国際紛争を経験しておらず、先駆的な難民受入れ政策を行った経歴も。豊かな自然と多様な文化を余さず紹介する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東2法経図・6F開架:302.4A/Sh36z//K

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

 名古屋外国語大学世界共生学部教授
 東北大学理学部地理学科卒業(1971年)。理学博士(1989年)。アジア経済研究所調査研究員,立教大学文学部教授,東北大学理学研究科教授,京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科教授,東京外国語大学国際社会学部特任教授を歴任。1972年よりナイジェリアの調査研究に従事,1984年以降ザンビア,ジンバブエでも調査研究をおこなう。
専攻・専門:アフリカ地域研究(ナイジェリア研究,人文地理学,ポリティカル・エコロジー論)
主な著書・論文:『地域間対立の地域構造――ナイジェリアの地域問題』(大明堂,1992年),Agricultural production and environmental change of Dambo: a case study of Chinena Village, Central Zambia (Tohoku University, 1995, 編著), ‘The impact of HIV/AIDS on agricultural production in Zambia’ (African Geographical Review, 22, 2003),『アフリカ 可能性を生きる農民』(京都大学学術出版会,2007年),『現代アフリカ農村――変化を読む地域研究の試み』(古今書院,2007年),『世界地誌シリーズ:アフリカ』(朝倉書店,2017年,島田周平・上田元編著),『物語 ナイジェリアの歴史――「アフリカの巨人」の実像』(中央公論新社,2019年)

「2020年 『ザンビアを知るための55章』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島田周平の作品

ツイートする
×