移民が導く日本の未来――ポストコロナと人口激減時代の処方箋

著者 :
  • 明石書店
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750350660

作品紹介・あらすじ

政策転換に至った政治の舞台裏を明らかにするとともに、中長期の視点から移民受入れの未来予測を成功例のストーリーとして示す一方、人口減少が激化しレジリエンスが低下するポストコロナ時代こそ本格的な移民政策へ移行する好機との視点から日本の方途を示す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ・「やさしい日本語」という共通言語(59)
    ・移民政策の4本柱(111)
    ①入国方針の決定:どこの国から何人、どのような人を受入れるか
    ②受入れたあとの外国人に対してどのような処遇をするか、対応をとるか:統合政策(語学学習を柱とする)の徹底が移民問題を解決するカギ
    ③日本人の意識の問題
    ④ビジョン:外国人が増加するなかで、日本は最終的にどのような国を目指すのか。最終的には日本のアイデンティティのあり方について、歴史学者や哲学者を含む議論が必要。大陸から文化を積極的に受入れ、それによって発展してきた国柄

  • 岐阜聖徳学園大学図書館OPACへ→
    http://carin.shotoku.ac.jp/scripts/mgwms32.dll?MGWLPN=CARIN&wlapp=CARIN&WEBOPAC=LINK&ID=BB00607137

    政策転換に至った政治の舞台裏を明らかにするとともに、中長期の視点から移民受入れの未来予測を成功例のストーリーとして示す一方、人口減少が激化しレジリエンスが低下するポストコロナ時代こそ本格的な移民政策へ移行する好機との視点から日本の方途を示す。
    (出版社HPより)

  • 東2法経図・6F開架:334.4A/Me49i//K

  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/532504

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

 慶應義塾大学法学部卒業。米国エバグリーン州立大学大学院公共政策修士。桜美林大学博士課程単位取得退学。
 兵庫県庁で10年間の勤務の後、1988年より公益財団法人日本国際交流センターに勤務し現在、執行理事。草の根の国際交流活動を中心に、幅広い分野を担当。慶應義塾大学等で非常勤講師を歴任。現在、文化庁国語分科会日本語教育小委員会委員、新宿区多文化共生まちづくり会議会長、日本NPOセンター及び未来を創る財団理事。2005年、第一回国際交流・協力実践者全国会議委員長。著書に『限界国家 人口減少で日本が迫られる最終選択』(朝日新聞出版)、『人口激減――移民は日本に必要である』(新潮新書)、『公務員のための外国語活用術』(ぎょうせい)、『異文化体験入門』『自治体がひらく日本の移民政策』(ともに明石書店)等。また監訳書に『スモールマート革命 持続可能な地域経済活性化への挑戦』(明石書店)がある。

「2020年 『移民が導く日本の未来』 で使われていた紹介文から引用しています。」

毛受敏浩の作品

ツイートする
×