子どもアドボケイト養成講座――子どもの声を聴き権利を守るために

著者 :
  • 明石書店
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750350820

作品紹介・あらすじ

いじめや虐待、貧困などにより権利侵害を受ける子どもたちを守り支援していく「子どもアドボカシー」の法制度化が日本でも目指される中、その全体像とエッセンスをわかりやすく伝え、支援者としての「子どもアドボケイト」を養成することを目的とした入門書。

著者プロフィール

所属:熊本学園大学 社会福祉学部
専門分野:障害学・子どもアドボカシー
主要業績:堀正嗣(2021)『障害学は共生社会をつくれるか』明石書店
堀正嗣(2020)『子どもアドボケイト養成講座――子どもの声を聴き権利を守るために』明石書店
堀正嗣編著(2018)『独立子どもアドボカシーサービスの構築に向けて――児童養護施設と障害児施設の子どもと職員ヘのインタビュー調査から』解放出版社

「2021年 『アドボカシーってなに?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堀正嗣の作品

子どもアドボケイト養成講座――子どもの声を聴き権利を守るためにを本棚に登録しているひと

ツイートする
×