ポスト・コロナの文明論――感染症の歴史と近未来の社会

著者 :
  • 明石書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750350936

作品紹介・あらすじ

コロナ禍によって、わたしたちの生活の地盤は大きく揺らいだ。西洋中世史を専門とする著者は、比較文化論的に現代文明のトータルな危機をクローズアップし、近未来の社会のあり方を問う。本書は、これまでの/これからの社会を基礎から知るための、もっともわかりやすい本だ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 下記のリンクでご利用ください。
    学外から利用する場合はポタロウで告知済みのID・パスワードが必要となります。
    https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000098956

  • 東2法経図・6F開架:498.6A/H24p//K

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1944年生まれ。関西大学名誉教授。専攻はヨーロッパ文化論、比較文化史。著書に『ドイツ・ジャコバン派』『鍵穴から見たヨーロッパ』『図説指輪の歴史』『図説ヨーロッパの紋章』など多数。

「2021年 『決闘のヨーロッパ史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

浜本隆志の作品

ポスト・コロナの文明論――感染症の歴史と近未来の社会を本棚に登録しているひと

ツイートする
×