コミュニケーション・デザインの学びをひらく――教科横断で育てる協働的課題解決の力

制作 : お茶の水女子大学附属中学校  奈須 正裕  堀田 龍也  藤江 康彦  冨士原 紀絵 
  • 明石書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750350967

作品紹介・あらすじ

コミュニケーション・デザインとは、協働的コミュニケーションを効果的にデザイン(構成・創出)することで、コミュニケーション・デザイン科(CD科)とは、論理的・創造的な思考力を働かせ、協働的な問題解決のための構想や計画を練り、よりよい生活や社会の実現をめざす基盤となるコミュニケーション能力を育成しようとする教育課程のことです。
約4年にわたる中学校での実践にもとづき、CD科の概要から、授業実践事例、実践による学校と教師の変容、さらに卒業生が現在CD科での学びをどのように活かしているかまで、約30名もの様々な教科の教師がまとめた一冊です。

コミュニケーション・デザインの学びをひらく――教科横断で育てる協働的課題解決の力を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×