韓国文学を旅する60章 (エリア・スタディーズ)

制作 : 波田野節子  斎藤真理子  きむ ふな 
  • 明石書店
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 84
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750351070

作品紹介・あらすじ

いまもっとも注目されている韓国文学。さまざまな土地にゆかりのある、古典から現代まで総勢60人の作家/作品を通して、読者を旅に誘う。韓国を愛するすべての人に向けた、豪華執筆陣による珠玉のエッセイ集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ──文学と旅はよく似ている。──

    本書は文学を手掛かりにして、韓国に旅立つための案内書だ。
    執筆者たちは、韓国の古典から現代までの作家と作品について「場所」をキーワードにして語っている。その「場所」とは、作品の舞台であったり、作家が育った故郷であったり、執筆者が作家と出会った場所であったりと様々。

    現在の韓国文学は女性作家たちが書いた小説、特にフェミニズムの視点を含んだ作品が大きな流れを作っている。『82年生まれ、キム・ジヨン』や『ヒョンナムオッパへ』、『私たちが光の速さで進めないなら』など、数々の「女性の物語」が翻訳され、私たちも読むことができるようになった。
    これら今日の韓国文学、つまり民主化以降(1990年代~)の作品にあっては、雑誌やネットなどで紹介されたりブックガイドも出版されるなど、日本にいながら情報が入手しやすくなったと思う。
    しかしながら、それ以前の韓国文学を読みたいと思っても、これがなかなか情報量も少なく、翻訳されたものも限られており、また入手困難な状態となっていることに気づいた。
    現代の韓国文学を読んでいくと、おのずとその根底に流れている何か、(たとえば「恨」や「情」の概念など)を深く知りたくなって、過去へと手を伸ばしたくなる。なのに、私の手の届くところにないのだ。
    このもどかしい思いを全部とはいえないものの解消してくれたのが、この文学案内書。
    私はこの案内書で、韓国の古典の世界に少し触れることができた。そしてそれは興味のある朝鮮王朝時代を理解していく上でも、とても参考になった。
    これから少しずつ過去から現代の文学へと、何かを探りながら歩を進めていきたいと思っている。

  • 文学で読む韓国 「菜食主義者」翻訳者が四つのキーワードで概説 - 毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20210209/k00/00m/040/303000c

    『ちぇっく CHECK』Vol.6刊行のお知らせ – K-BOOK振興会
    http://k-book.org/checkcheck/checkvol6/
    ↑もう1年前、次は出ないのかな?
    ↑と、書いたら出ました、、、

    韓国文学を旅する60章 - 株式会社 明石書店
    https://www.akashi.co.jp/book/b548792.html

  • 文学を巡る豪華エッセイ集です。
    古典から、近代文学、民主化以降の文学まで、幅広く紹介されています。

    ブログはこちら

    https://okusama149.blogspot.com/2021/08/60757.html

  • 最近はK文学を好んで読んでいるもののこの本の章立てでいう「今日の韓国文学(民主化以降1990年代〜)」にくくられる作家がほとんどでした。その前の「独裁政権と産業化の時代(1960年代〜)」はチョ・セヒ作品より先に映画タクシードライバーを観て知り、まだまだK文学を時代区分ごとに読むには先が長いと思い知ることになりました。

  • 東2法経図・6F開架:929.1A/H42k//K

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

新潟県立大学名誉教授。韓国近代文学。著書に『李光洙――韓国近代文学の祖と「親日」の烙印』(中公新書、2015)、『韓国近代作家たちの日本留学』(白帝社、2013)、『韓国近代文学研究――李光洙・洪命憙・金東仁』(白帝社、2013)。翻訳書に李光洙著『無情』(平凡社ライブラリー、2020)、金東仁著『金東仁作品集』(平凡社、2011)。主な論文に「東アジアの近代文学と日本語小説」(日本植民地研究会編『日本植民地研究の論点』岩波書店、2018)ほか。

「2020年 『韓国文学を旅する60章』 で使われていた紹介文から引用しています。」

波田野節子の作品

韓国文学を旅する60章 (エリア・スタディーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×