無意識のバイアス――人はなぜ人種差別をするのか

制作 : 高 史明 
  • 明石書店
3.91
  • (7)
  • (7)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 325
感想 : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750351230

作品紹介・あらすじ

悪意の有無に関係なく存在する偏見、バイアス。それがいかにして脳に刻まれ、他者に伝染し、ステレオタイプを形作っているかを知ることなしに人種差別を乗り越えることなどできない。米国の学校・企業・警察署の改革に努める心理学者が解く無意識の現実とは。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • Eテレで放送された「人種差別をなくす実験授業」(2019・英)を見てすぐのタイミングで読んだので、「あなたの肌が何色でも関係ない!」というカラーブラインドネスが差別を見つかりにくくし、かえってなくさないことなど、より深く考えられた。
    非常にわかりやすく、歴史の解説や理論的な部分と著者と様々な人との実際の話のバランスも良かった。
    警察でのバイアス指導、刑務所での受刑者への授業、白人至上主義・反ユダヤ主義のデモ隊と反デモ隊の衝突で死亡者の出た大学の訪問。
    その中に、自らが体験して来た差別(著者は黒人女性)も語られる。
    語られる話は胸の痛むものばかり。
    私は人種差別をしない、と思っていたらそれはもう間違いで、社会的に既にバイアスは形成されていて、黒人自身でさえ、黒人を犯罪と結びつけるバイアスを無意識に持っている。
    私にはバイアスがある、という自覚から始めないと何もできないのだろう。
    読んで良かった、再読したい。
    現在の日本の状況と重ねての高史明さんの解説もとても良かった。

  • 【内容紹介】悪意の有無に関係なく存在する偏見、バイアス。それがいかにして脳に刻まれ、他者に伝染し、ステレオタイプを形作っているかを知ることなしに、人種差別を乗り越えることなどできない。米国の学校・企業・警察署の改革に努める心理学者が解く、無意識の現実とは。

    大阪府立大学図書館OPACへ↓
    https://opac.osakafu-u.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=fromlist&lang=0&amode=11&bibid=2000950492

  • 「わきまえておられる」森発言で日本でも一気に知名度の上がった「無意識のバイアス」。あそこまで稚拙な例は滅多にみられるものではないが、日本では主にジェンダーバイアスについて意識させられることが多いと思う。本書は人種問題を中心に研究してきた著者による「バイアス」全般の本であり、当然話題の中心は人種バイアスである。
    報道を通してアメリカの人種バイアスに対する予備知識はある程度持っているつもりだったが、初めて知り衝撃を受けた内容も多かった。特に強く印象に残っているものが三つある。
    まず一つ目は、「バイアスの伝達」におけるメディアの影響を調べた実験。黒人の登場人物がパワフルでポジティブな役を演じているような人気テレビ番組(=黒人がステレオタイプな悪役ではない)においてでも、白人の俳優が画面上で、他の白人の俳優に対してよりも黒人の俳優に対しての方が否定的な反応をする傾向があるということがわかっている。それを実際に11本の人気番組で調べた結果、黒人に対してより否定的な身体的表現を含む場面を視聴することで「バイアスの伝染」が起こっている証拠が得られたというのである。その番組の中には私がよく観ている「グレイズ・アナトミー」が含まれていた。このシリーズは人種バランスにかなり気を配った配役の印象があり、舞台となっているシアトルという街のイメージアップにもつながっているのだろうかと常々思っていたので、意識下ではそんなことが?と非常に驚いた。リチャードとか理想の上司っぽく描かれているし、ジャクソンに至ってはめっちゃ王子様っぽい扱いなのに。ショック。
    二つ目は、人種を分断する住宅事情について。黒人の多い地域、というような言い方はドラマでもよくされていたので、1960年代まで人種差別的な住宅政策が合法だった名残が少し残っている程度なのかと思っていた。しかし現代でも、例えばある売家の前の住民が黒人か白人かで見積価格が大きく変動するようなバイアスが存在する。それはその特定の住民がどうこうではなく、黒人が住んでいたような地域なら治安が悪く、公共サービスが少なく、いわゆる「荒れた」地域である蓋然性が高いという考え方があるからである。そのようなバイアスが存在する限り、人種を超えての不動産の流動性はなかなか高まらず、結局いつまでも人種は分かたれて住むことになる。人の動きの激しい都会では垣根は崩れやすいだろうが、田舎では50年ではまだまだ時間が足りないだろう。まだ先が長い話なのだと感じた。
    三つ目は、バイアスはいつも同じように働くわけではないという話。精神的な負荷がかかる状況では強く作用することがあり、逆に、意思決定が適正に監督されていればバイアスも抑制されうるなど、コントロールするための知恵も研究されているのである。高ストレスが最も悲劇的に表出するのが、職務質問中の警官による黒人射殺事件であろう。日常的に身の危険を感じている警察官が、目の前の従順な職質対象者が「黒人男性」だというだけで暴力的な巨漢であるように感じられ、自らの人種的バイアスの暴走を許してしまい発砲する。しかしこのような高リスクの現場でも、警察官がボディカメラをつけたり行動方針を変えたりという様々な対策を講じることで、意思決定にバイアスを入り込みにくくすることが可能なのである。

    アメリカではトランプ政権がやっと終わったが、白人至上主義勢力は衰えを見せていない。バイアスが高ストレスで活性化するという話を知ると、オバマ大統領に象徴される多様性の社会の到来により、アメリカ白人社会が「白人はアメリカではマイノリティになってしまうのではないか」という脅迫的ストレスに苦しむことで反動的バイアスが働いているようにも思える。
    しかしもちろんバイアスは何者をも正当化しない。自分の中にあるバイアスはなんなのかを知り、それにとらわれず思考するためにはどうすればいいかを知ることでしか、本当の自由な意思決定はできないのである。すごく難しいことではあるが、仕組みを知っているかどうかだけでも到達の可能性は広がる。責任の持てる人間になりたいなら、是非一読を。

  • 人種差別撤廃を希求する人たちの戦いは,公民権運動でも実を結ばず,21世紀になっても終わらない。
    多様な人種を抱えるアメリカ,幼いうちから人種差別を悪とする教育を行っているはずなのに,なぜ未だにBLM運動が起こるのか。

    人間が持つ「バイアス」がいかに公正な判断に影響を及ぼしているか,多数の研究結果をもとに論理的に説明しています。
    本書を読み進める中で,自分の意識下・無意識下に存在するバイアスが掘り起こされてきます。

  • SDGs|目標10 人や国の不平等をなくそう|

    【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】
    https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/756932

  • 黒人への偏見・バイアスがいかに強いかが本書を通じてわかった。見た目が恐怖を覚えることもあるが、これからは、なるべく黒人にも普通に接するようにしたい。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

スタンフォード大学心理学部教授。全米科学アカデミー、米国芸術科学アカデミーに選出され、フォーリン・ポリシーの「世界をリードする100人の思想家」の一人に選出。人種問題の研究における世界の第一人者の一人として知られる。


(『無意識のバイアス』より)

「2020年 『無意識のバイアス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジェニファー・エバーハートの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
グレイソン・ペリ...
ヴィクトール・E...
レベッカ ソルニ...
アンデシュ・ハン...
ミン・ジンリー
鈴木哲也
リンダ グラット...
凪良 ゆう
有効な右矢印 無効な右矢印

無意識のバイアス――人はなぜ人種差別をするのかを本棚に登録しているひと

ツイートする
×