基地問題の国際比較――「沖縄」の相対化

  • 明石書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750351254

作品紹介・あらすじ

世界の基地問題の比較を行い、そこから沖縄基地問題解決のための政策を導出する国際共同研究。基地問題を比較分析する試みは世界的に見ても稀有。9つの国・地域で展開される紛争とその発生要因を、当地の歴史・文化・宗教的背景を押さえた執筆者たちが解明。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2020I074 319.8/Ka
    配架場所:A2 東工大の先生の本

  • 【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】
    https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/759478

  • 東2法経図・6F開架:395A/Ka96k//K

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授
1979年生まれ
博士(国際政治学)
〔主要業績〕
Exploring Base Politics: How Host Countries Shape the Network of U.S. Overseas Bases(Eds.)Routledge, 2021
『基地の消長 1968-1973――日本本土の米軍基地「撤退」政策』勁草書房,2020年
『共振する国際政治学と地域研究――基地,紛争,秩序』(編著)勁草書房,2019年〔手島精一記念研究賞〕
『安全保障の位相角』(共編著)法律文化社,2018年
『沖縄と海兵隊――駐留の歴史的展開』(共著)旬報社,2016年
『基地の政治学――戦後米国の海外基地拡大政策の起源』白桃書房,2012年〔佐伯喜一賞〕

「2021年 『基地問題の国際比較 「沖縄」の相対化』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川名晋史の作品

ツイートする
×