職場・学校で活かす現場グラフィー——ダイバーシティ時代の可能性をひらくために

制作 : 清水 展  小國 和子 
  • 明石書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750351445

作品紹介・あらすじ

職場や学校で「多様な地域住民」との間に生じる課題解決に、他者理解と自己省察を行うための技法であるエスノグラフィーはどのように活用できるのか。対象に接近し、できることに向き合い、実行してみた、人類学者たちの様々な事例をダイバーシティ包摂への警鐘とあわせて詳解する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1951年横須賀生まれ
東京大学教養学部教養学科卒業
東京大学大学院社会学研究科博士課程中退
東京大学教養学部助手、東京大学東洋文化研究所助手、
九州大学教養部助教授、九州大学大学院比較社会文化研究院教授、
京都大学東南アジア研究所教授を経て、
現在、関西大学政策創造学部特任教授
2017年 第107回 日本学士院賞受賞
専門:文化人類学、東南アジア研究、社会学博士(東京大学)

「2021年 『噴火のこだま[新装版]』 で使われていた紹介文から引用しています。」

清水展の作品

ツイートする
×