北欧の教育最前線――市民社会をつくる子育てと学び

制作 : 北欧教育研究会  林寛平  本所恵  中田麗子  佐藤裕紀 
  • 明石書店
4.67
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 74
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750351483

作品紹介・あらすじ

北欧は教育の先進地域として注目を浴びてきた。本書では北欧における幼児から大学教育の「今」だけでなく、その歴史や文化も深掘りし、日本と共通の課題も取り上げている。最前線にいる執筆者陣だから書けた、生活者と研究者目線からみた立体的な一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2022/11/15読了
    北欧の教育にもメリデメあり。子どもに選択させることの話が興味深かった。結局は何を軸に置くか。

  • 【医学部図書館リクエスト購入図書】
    ☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆
    http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BC0588378X

  • 人が借りれる図書館
    先生に物申す生徒
    仮想選挙とフェイクニュース
    声を上げるのが授業

    (比較教育学)

  • 教育最前線のスウェーデンの教育について、主にかかれていた。良いところだけでなく、課題もしっかりと記されており、親近感も湧いた。
    また、日本とスウェーデンは大きく教育に差がある訳でもなく、共に一長一短であるとも感じた。

    ぜひ、教師には読んで欲しい

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

北欧5カ国(アイスランド、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランド)の教育に関心を持つ人たちの集まりとして2004年にスタート。研究者や学生だけでなく、主婦やビジネスマンなど、多様なメンバーが集まって、北欧の教育に関する情報交換や勉強会を行っている。
http://nordiskutbildning.blogspot.com/

「2021年 『北欧の教育最前線』 で使われていた紹介文から引用しています。」

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×