新版 シミュレーション教材「ひょうたん島問題」―多文化共生社会ニッポンの学習課題

著者 :
  • 明石書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750351551

作品紹介・あらすじ

架空の島を舞台に多文化共生社会の課題をシミュレーションを通して考える教材を改訂。時代状況を踏まえて実践編に新章を設け、解説・資料の充実を図る。YouTubeで視聴できる動画やダウンロード可能なスライド用画像を用意し、オンライン授業にも対応。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 岐阜聖徳学園大学図書館OPACへ→
    http://carin.shotoku.ac.jp/scripts/mgwms32.dll?MGWLPN=CARIN&wlapp=CARIN&WEBOPAC=LINK&ID=BB00617023

    架空の島を舞台に多文化共生社会の課題をシミュレーションを通して考える教材を改訂。時代状況を踏まえて実践編に新章を設け、解説・資料の充実を図る。
    (出版社HPより)

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

同志社女子大学現代社会学部特任教授。専門:国際理解教育、社会科教育、シティズンシップ教育、グローバル教育。『グローバル教育の内容編成に関する研究』(単著、風間書房、2016年)、『大学における海外体験学習への挑戦』(共編著、ナカニシヤ書店、2017年)、『18歳成人社会ハンドブック――制度改革と教育の課題』(共著、明石書店、2018年)、『教師と人権教育――公正、多様性、グローバルな連帯のために』(共監訳、明石書店、2018年)、『SDGsカリキュラムの創造――ESDから広がる持続可能な未来』(共編著、学文社、2019年)

「2021年 『国際理解教育を問い直す』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤原孝章の作品

ツイートする
×