在日朝鮮人美術史1945-1962――美術家たちの表現活動の記録

著者 :
  • 明石書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750351995

作品紹介・あらすじ

戦後の在日朝鮮人の美術家たちの活動を記録した初めての研究。在日朝鮮人の美術家が個別に取り上げられることはあったが、彼らが共同で、時には日本人美術家と共に行った活動については、全く語られなかった。本書は初めての「在日朝鮮人美術史」である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/547008

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1979年島根県生まれ。専門は在日朝鮮人美術史。独立行政法人日本学術振興会特別研究員PD(同志社大学)。一般社団法人在日コリアン美術作品保存協会代表理事。朝鮮大学校(東京)教育学部美術科卒、東京藝術大学美術学部芸術学科卒、東京大学大学院総合文化研究科にて2020年3月に博士号取得(学術)。本書はこの博士論文をもとに書かれた。2021年2月、文凡綱(著)『平壌美術(ピョンヤン・アート)』を青土社から翻訳出版した。

「2021年 『在日朝鮮人美術史1945-1962』 で使われていた紹介文から引用しています。」

白凛の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×