インドを旅する55章 (エリア・スタディーズ)

制作 : 宮本 久義  小西 公大 
  • 明石書店
3.63
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750352077

作品紹介・あらすじ

悠久の歴史が流れる広大で多様なインド。本書は、長年インドに深く関わってきた方々が、これまではほとんど紹介されてこなかった「ディープ・インド」ともいうべき、多様で深遠なインド世界に読者を誘い、新たなインドを見つける一冊である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • コロナでなかなか遠出が出来なくなったので、本書を手に取った。インドについて知らない事ばかりなので楽しく読んだ。
    たくさんのインドの研究者の話が読める。
    彼らが買い物の際などに、「現地の人と会話して」と簡単に書かれている事は、実際にはかなり高度な事してるよな〜と思う。
    巻頭のインドの地図だけでこんなに広いのか、と話題に登った土地を探しながら思った。

  • 観光客向けスポットの紹介ではなく、インドの生の生活にどっぷりハマったライター達のディープなガイド本です。インドの一般人達と触れ合い、現地の文化をそのまま体験する。自分では到底無理なので、本書を読んで擬似体験を楽しみました。

  • 東2法経図・6F開架:292.5A/Mi77i//K

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1950年生まれ。早稲田大学第一文学部東洋哲学科、同大学院文学研究科修士課程東洋哲学専攻を経て、1978年より7年間インドのバナーラス・ヒンドゥー大学大学院哲学研究科博士課程に留学。1985年、Ph.D.(哲学博士)取得。帰国後、早稲田大学、東京大学等で非常勤講師を務めた後、2005年より東洋大学文学部教授、2015年から2020年3月まで大学院客員教授。インド思想(特にヒンドゥー教、サーンキヤ、ヨーガの思想)、サンスクリット語等を研究・指導。現在、国際仏教学大学院大学、東方学院において教鞭をとっている。主な著書に『ヒンドゥー聖地 思索の旅』(山川出版社、2003年)、『ヒンドゥー教の事典』(共著、東京堂出版、2005年)、『インド・道の文化誌』(共編著、春秋社、1995年)、『インドおもしろ不思議図鑑』(共編著、新潮社、1996年)、『宗教の壁を乗り越える――多文化共生社会への思想的基盤』(共編著、ノンブル社、2016年)など。

「2021年 『インドを旅する55章』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮本久義の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×