地域福祉と包括的支援システム――基本的な視座と先進的取り組み

制作 : 宮城 孝  日本地域福祉学会 地域福祉と包括的相談・支援システム研究プロジェクト 
  • 明石書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750352121

作品紹介・あらすじ

児童・障害・高齢者・生活保護など領域別の相談・支援システムから、有機的に連携・協働した包括的支援システムの構築へ。地域特性に応じた包括的支援と地域包括ケアに先進的に取り組む自治体の実践例や課題を整理し、システム構築に向けた基本的視座を提示する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • https://cool.obirin.ac.jp/opac/volume/875674

    千駄ヶ谷にもあります。

  • 東2法経図・6F開架:369.7A/Mi83c//K

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

法政大学現代福祉学部福祉コミュニティ学科 教授
1957年静岡県生まれ。日本社会事業大学大学院社会福祉学研究科博士後期課程修了。博士(社会福祉学)。東京都中野区社会福祉協議会中野ボランティアセンター、日本社会事業大学、神戸山手女子短期大学、東海大学を経て、現在に至る。多くの地方自治体、市町村社会福祉協議会の地域福祉関連の委員会の委員長、住民組織のアドバイザーなどを務める。
[主要著書]
『地域福祉と包括的支援システム:基本的な視座と先進的取り組み』共編著、明石書店、2021年
『仮設住宅 その10年:陸前高田における被災者の暮らし』共編著、御茶の水書房、2020年〈〈2020年日本不動産学会著作賞(学術部門)、2021年度都市住宅学会賞・著作賞〉〉
『コミュニティソーシャルワークの新たな展開:理論と先進事例』共編著、中央法規出版、2019年
『地域福祉とファンドレイジング:財源確保の方法と先進事例』共編著、中央法規出版、2018年
『地域福祉のイノベーション:コミュニティの持続可能性の危機に挑む』編集代表、中央法規出版、2017年

「2021年 『住民力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮城孝の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×