「つながる」ための言語教育―アフターコロナのことばと社会

制作 : 野沢 恵美子  田中 富士美 
  • 明石書店
1.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 10
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750352473

作品紹介・あらすじ

変容する社会との関係の中で言語教育の諸相を「つながる・つながらない」という観点から考える。コロナ禍の遠隔授業、ICTの活用、グローカル人材育成、オンライン留学、機械翻訳、SNSと少数言語など、言語教育を通じた新たな「つながり」の構築を展望。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 摂南大学図書館OPACへ⇒
    https://opac2.lib.setsunan.ac.jp/webopac/BB50265527

  • 2021年度第2回見計らい選定図書
    http://133.11.199.94/opac/opac_link/bibid/2003588861

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

所属:元防衛大学校教授、前工学院大学教授、浜松学院大学他兼任講師、博士(教育学)
専門分野:英語教育学、社会言語学(日系移民、継承・少数言語)

「2020年 『英語とつきあうための50の問い』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉野俊子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×