新装版 合本 公害原論

著者 :
  • 亜紀書房
4.50
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (872ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750506180

作品紹介・あらすじ

水俣病の公式確認から50年——“環境問題”の原点がいま再び「新装版」となって登場!
1971年の初版刊行以来、版を重ねてきた名著がついに復刊! それまで企業寄りの技術論に終始していた風潮に警鐘を鳴らし、「公害」の社会的意味を初めて問い、現在の環境学の礎となった記念碑的作品。1970年10月から東大で始まった夜間自主講座の13回分を収載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1-1-2 科学技術社会論

  • 1年の初めに読み直す。

    行動と洞察の必要性を痛感する。

    今の立場から、希望と前進ある反論ができるよう気を引き締める。

    「公害の被害者と語るときしばしば問われるものは、現在の科学技術に対する不信であり、憎悪である。衛生工学の研究者としてこの問いをうけるたびにわれわれが学んで来た科学技術が、企業の側からは生産と利潤のためのものであり、学生にとっては立身出世のためのものにすぎないことを痛感した。…立身出世のためには役に立たない学問、そして生きるために必要な学問の一つとして、公害原論が存在する。…修了による特権もない。あるものは、自由な相互批判と、学問の原型への模索のみである。」(開講のことば)

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1932年東京生まれ。56年、東京大学工学部卒業後、日本ゼオン(株)に3
年間勤務。そこで水銀を扱った経験から、水俣病に関心を持つ。65年、東京大
学工学部都市工学科助手。水俣病に代表される公害問題が全国で多発するな
か、原因企業を厳しく糾弾する活動を展開したため、御用学者の多かった東京
大学で昇進の道を閉ざされ「万年助手」としてその名を知られることとなった。

「2016年 『自主講座「 公害原論」の15年 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宇井純の作品

ツイートする