自主講座「公害原論」の15年

著者 :
  • 亜紀書房
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (501ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750507026

作品紹介・あらすじ

伝説の講座の熱気が蘇る!
科学技術のあり方を根本から問い直し、立身出世のためではなく、生きるために必要な学問の創造をめざして1970年に始まった自主講座「公害原論」。宇沢弘文、星野芳郎、羽仁五郎、都留重人、松井やより、松下竜一ほか、多彩な講師を招き、反公害運動のみならず、大学改革の先駆的拠点となった講座の15年間の軌跡をたどる。
『公害自主講座15年』(1991年、弊社刊)を改題。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1932年東京生まれ。56年、東京大学工学部卒業後、日本ゼオン(株)に3
年間勤務。そこで水銀を扱った経験から、水俣病に関心を持つ。65年、東京大
学工学部都市工学科助手。水俣病に代表される公害問題が全国で多発するな
か、原因企業を厳しく糾弾する活動を展開したため、御用学者の多かった東京
大学で昇進の道を閉ざされ「万年助手」としてその名を知られることとなった。

「2016年 『自主講座「 公害原論」の15年 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宇井純の作品

自主講座「公害原論」の15年を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする