意識はいつ生まれるのか――脳の謎に挑む統合情報理論

  • 亜紀書房
4.03
  • (52)
  • (61)
  • (27)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 712
レビュー : 64
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750514505

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 視床ー皮質系に意識を司るニューロンがあるという。小脳の4分の1ほどしかないが、小脳が反応に対して1対1対応であるのに対し、視床ー皮質系は相互に「コミュニケーション」を交わし、統合的反応として対応するという点で「意識的」とされる。また、「(自立的)意識が失われる(陰を潜める)深睡眠」において外界との反応が単純化されることから、たとえば植物人間のように、身体的な反応がなくてもい「意識はある」という診断が可能だと説く。本書は脳科学的には興味深いが、では視床ー皮質系の統合的なニューロンの反応がどのように意識と関わるのか? なぜ意識は生じるのか? については言及していない。ともあれ、「宇宙のはじまりがビッグバンだとして、そこにあるのが物質的要素に限られるのであれば、意識は、これとは無関係に存在するのかもしれない」という考え方は興味深かった。

  • なかなか難しい本

  • 他の臓器と、脳。デジタル機器と脳。何が違って意識が生まれるのか。
    仮説と検証、データ解析をしながらその謎に迫ります。
    実験の一つに「電気はついているか、あるいは消えているか」を答えるものがあり、それによってわかったことがとても印象的でした。「電気がついているか、消えているか」なんて考えなくてもわかることだと思いきや、人はそれ以外の要素を排除していたことがわかったからです。
    検証の結果は必ずしも期待した結果が得られるわけではありません。それでも、それではいけない、足りないということがわかるところは、神経科学に従事していないものにも通じることだと思いました。
    この本は、前半は問い。後半はその答えとなっていて、構成が工夫されていたところも面白いかったです。

  • 「一なるもの」から意識が生まれるという考え方。この考え方であれば、コンピュータ上にも意識を作ることは可能。しかし、その意識は外界に対して反応するものなのでは、とか、自分のモチベーションというものは何に由来するのか、というところは見えてこない。
    でも、専門家でなくても、こんな思考議論ができるほど、噛み砕いてわかりやすく書いてくれてる本は、ありがたい。なんにしても、興味深く、引き続きウォッチしていきたい領域。

  • 用語も平易で、文章もこなれていて、かつ構成もミステリー小説を意識して書いたと著者が言うように、疑問とその回答を対置する形で書かれていて、この種の科学読み物の中ではずば抜けた読みやすさだと思う。

    ただ、結局のところ本題の意識が何かということに関してはよく理解できなかった。

    構造的な話、情報量の話、情報の統合の話というヒントは提示されているが、結局結論としては解明されていないわけで、その点がちょっと読んでいて歯がゆいというか、物足りない気がした。

    まあしょうがないと言えばしょうがないが。

  • 素人には難解な内容を『潜水服は蝶の夢を見る』での閉じ込め症候群や、ネーゲルの『コウモリであるとはどのようなことか』などを例にあげるなど、人文学的アプローチで著者は軽快に解説してくれている。訳の日本語は柔らかくて優しい。どうやら翻訳者はタブッキの研究者のようだ。

著者プロフィール

精神科医、神経科学者。ウィスコンシン大学精神医学科教授。睡眠と意識についての世界的権威。著書に、Phi: A Voyage from the Brain to the Soul.(Random House LLC, 2012)、A Universe of Consciousness: How Matter Becomes Imagination.(ジェラルド・エーデルマンとの共著、Basic Books,2000)などがある。

「2015年 『意識はいつ生まれるのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

意識はいつ生まれるのか――脳の謎に挑む統合情報理論のその他の作品

ジュリオ・トノーニの作品

ツイートする