森の探偵―無人カメラがとらえた日本の自然

  • 亜紀書房 (2017年7月5日発売)
3.77
  • (1)
  • (9)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :66
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750515007

森の探偵―無人カメラがとらえた日本の自然の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 宮崎学は、長野県の伊那谷を拠点に、野生動物の姿を捉え続けてきた写真家・ナチュラリストである。
    本人は動物写真家ではなく「自然界の報道写真家」と自称する。その写真は、変わりゆく人間社会の傍らで、したたかに生きる動物たちの姿を通じて、「今」という時代を鮮烈に切り取っているようでもある。

    本書は、キュレーターである小原真史が宮崎に話を聞き、その写真術や、山の歩き方、獣害に関する考察などをまとめた形である。宮崎の写真もふんだんに収録されている。
    50年以上に渡って、日本の自然を見つめ続けてきた、経験に裏打ちされた「実感」がすこぶるおもしろい。

    宮崎は独学の人だ。
    写真学校に通ったことはない。中卒で就職したカメラの部品工場で、おもしろさに取り憑かれ、働く傍ら、その仕組みを学んだ。
    写真家として独立した後も、自ら工夫してさまざまな仕掛けを作り出してきた。無人状態で、動物が通りかかったらシャッターが切れる無人カメラもその1つである。
    こうした無人カメラは、同業者からも批判や揶揄が多かったようだが、「楽して撮れる」わけではなく、さまざまな工夫や微調整が必要であり、カメラや周辺機器の構造に加えて、動物の習性を知り抜いたものでなければ不可能であったことが、本書を読んでいるとよくわかる。

    動物が自然に近い形で捉えられた写真からは、動物たちが意外にしたたかで、驚くほど人の近くまで入り込んでいることが見えてくる。
    近年、獣害が多くなってきているのは、野生動物の数自体が増えている上に、里山の手入れがされなくなり、動物たちが身を隠す場所が増えていることも大きいようだ。昔ならいたような放し飼いの町犬・村犬もいない。
    生まれてからずっと現代社会になじんでいる野生動物たちは、人が思うよりも「現代っ子」で、うまく人目を避けて残飯やゴミなどおいしいものにありついている。
    車社会となったために、凍結防止剤として利用される塩化ナトリウムや塩化カルシウムが、山の動物たちの意外な塩分補給源となっている可能性の指摘はなかなか興味深い。

    読者によっては抵抗感のある人もありそうだが、死んだ動物が土に帰るまでを追った章も見応えがある。スカベンジャー(掃除屋)としてさまざまな動物が現れ、それぞれが必要なものを入手しては去っていく。その過程は見ようによってはグロテスクとも言えるが、自然の中で1つの命が循環する様を見ているようでもあり、粛然とした思いに囚われる。

    その他、縄文シバと呼ばれる古来の姿に近い柴犬を伴った山行きの様子、渋谷で生き抜くドブネズミの姿、お墓のお供えをくすねるクマやサルの姿など。
    人と動物の関わりを深く考えさせる好著。

  • 無人カメラで野生動物の姿を撮影し続けている著者へのインタビューと写真集。
    人間のわがままに翻弄される野生動物たち。いや、家畜や愛玩動物でさえも、東日本大震災では災難に会っている。そして、そんな動物たちを駆除という名目で捕獲している私たち人間。罪だなあ。

    設置した無人カメラをテストするために自らが想定した動線を通過してみるときの素な宮崎氏がカワイイ。

  • 面白いんだけど…何かが引っ掛かる。副題「無人カメラがとらえた日本の自然」~1動物たちの痕跡2生と死のエコロジー3文明の力、自然の力4人間の傍で(終)森と動物と日本人~実に雄弁に無人カメラが捉えてものは語るね。聞き手(書き手?)が著書に合わせて話を引き出しているからだね。著書は「フクロウ」「死」「アニマル黙示録」「アニマルアイズ・動物の目で環境を見る」「カラスのお宅発見!」「となりのツキノワグマ」「写真ルポ-人間なんか怖くない」…ね!

  • 気軽に読み始めたら、引き込まれて付箋が一杯。(ちなみに私は、カンミ堂のココフセンカードを持ち歩いています)盛りだくさんな内容で勉強になりました。凍結防止剤とシカ激増の相関のことははじめて知りました。考えが違うところ(外来種と在来種、結論は似てます)もありますが、とても刺激的な本です。

  • 「自然」とはなにか?
    それは存在するのか?

  • 前半はカメラや撮影の工夫話で、それも面白いんだけれど、それ以上に後半。長年の写真から読み取ったり経験からの考察に、いろいろ教えられ考えさせられる。
    今は人の圧や狩猟圧が減退していて、実は野の動物は里へと侵入しやすくなっているということ。動物や植物は手を入れないとどんどん侵入してくるということ。でも侵入も何も、共存させてもらう以外にないわけで。そもそも人間も動物の一種でしかないことを改めて思う。

全7件中 1 - 7件を表示

宮崎学の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
いとう せいこう
エラ・フランシス...
リチャード・マグ...
宮下 奈都
今村夏子
中村 文則
中村 文則
柚木 麻子
有効な右矢印 無効な右矢印

森の探偵―無人カメラがとらえた日本の自然はこんな本です

ツイートする