黄金州の殺人鬼――凶悪犯を追いつめた執念の捜査録 (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズIII-9)

  • 亜紀書房
3.63
  • (4)
  • (3)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 138
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (460ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750516141

作品紹介・あらすじ

「ジャンルの垣根を超えた傑作。
ページをめくる手が止まらない」
スティーヴン・キング 絶賛!

ニューヨーク・タイムズ
ベストセラー 1位

1970 -80年代に米国・カリフォルニア州を震撼させた連続殺人・強姦事件。30年以上も未解決だった一連の事件の犯人「黄金州の殺人鬼」(ゴールデン・ステート・キラー)を追い、独自に調査を行った女性作家による渾身の捜査録。

アメリカでベストセラーとなり、現在HBOがTVドキュメンタリー・シリーズを製作中の話題作。強盗、強姦、殺人を十年以上にわたって繰り返し、DNA鑑定の網をくぐって闇に消えていた犯人を、作家である著者が独自の捜査で追いつめていく手に汗握るノンフィクション。

序文寄稿:ギリアン・フリン(『ゴーン・ガール』著者)

ワシントンポスト、「エスクァイア」誌、Amazon.com、ニューヨーク公立図書館、 シカゴ公立図書館他で “2018年 ベストブック・オブ・ザ・イヤー"受賞!!

本当に手に汗握る作品だ――「ピープル」誌
息を呑む野心的で見事な筆致――「ニューヨークマガジン」誌

読者が知るべきは、なぜこの本が特別なのかという理由だ。それは、この本が向き合っている二種類の強迫観念である。一つは光に溢れ、もう一つは闇の中にある。
「黄金州の殺人鬼」は闇であり、ミシェル・マクナマラは光だ。
気が滅入るほど邪悪。聡明かつ、断固とした決意。本書はこの二つの心理への旅路である。
私は本書を愛してやまない。 ――スティーヴン・キング

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 事件マニアが30年前の未解決事件(連続強姦強盗殺人事件)を執念で調査していたが、そのルポルタージュが未完なまま、膨大なメモを遺して急逝。夫が出版にこぎつけるが、その直後に容疑者が逮捕され…と、ウソのようなホントの話の当該書がこれ。
    看板に偽りはなく、正真正銘このとおりの話なのだが、それ以上のものが何もない。なんといっても著者が逝去しているのだからいたしかたないのだが、出オチ感は否めないのである。
    肝心の原稿も、「モツレク」や「トゥーランドット」のようにはまとまっておらず、執筆途中だった著者および後に遺された人々の未整理と混乱ぶりがそのまま伝わるよう。ある意味なまなましいとは言えるが、単純に読みにくい。
    半生を懸けてこの容疑者に挑んだ著者が、みずから完成させることができていたら…と、思うだに惜しい。

    2019/10/14~10/15読了

  • 黄金州の殺人鬼の正体を突き止める事に、執念を燃やす著者。膨大な調査資料、当時の捜査員や被害者やその家族に対する聞き取り、それに基づく著者の推測などが、レイプと殺人を繰り返す犯人を追い詰める。

  • 表紙を見るのも怖い。
    恐くて残酷でムカムカするような事件なのに、ぐいぐい読まされてしまうのは、著者の解明するという強い執念に引き摺り込まれるからだろうか。被害者やその家族への、そして捜査関係者へのリスペクトも感じる。執念と筆力。

  • 執筆中に亡くならず本書を最後まで書き上げたとしても、通常の犯罪ルポとは異なる少し変則的な構成は変わらなかったのではなかろうか。
    他人の手がほとんど加わっていない第1章のタイムラインを眺めるだけでも、淡々と時系列に犯行を追うよりも、事件の広がりとそれぞれのドラマを描くことを優先したことがわかる。
    自らが立ち上げた犯罪捜査サイトがどのような作りになっていたのか?
    各誌から絶賛され、並みいるベストセラー作家から羨望に近い賞賛を受けた、アマチュア探偵の独創的な構成の手がかりになったであろうが、紹介がないので残念だ。

    副題が「凶悪犯を追いつめた」とあり、訳者まえがきにも彼女の「命を賭けた追跡が犯人逮捕に結びついた」とあるが、実際に逮捕に当たった特別捜査班の見解は異なっていて、彼女に協力した警察官でさえ、直接的な貢献はなかったと回答している。
    そのため第二章で展開される容疑者の絞り込みは、正直言ってほとんどが見当違いの推理だったことになるが、彼女の貢献はこの一連の事件に輪郭を与えたことにある。
    夫がいみじくも指摘している通り、彼女の類いまれな語りを通して、多くの人々の関心や注意を、一過性ではなく継続的に引き続けたのだ。

    文章がとても素晴らしくて、冒頭の被害者の弟の嗚咽のシーンや、著者の私小説的な母との関係、それに「これがあなたにお似合いの結末」という文で締めくくられる、エピローグの犯人に当てた手紙など、心に残る箇所が多かった。
    それだけに日本語化に当たり、本書は見過ごしがたい欠点も抱えている。
    第一に、この殺人鬼が結局どういう経緯で捕まったのかがわからないのは、なんとももどかしい。
    それと本書のどこまでが彼女のオリジナルで、構成は彼女の当初の構想どおりなのか?
    どちらも訳者あとがきでフォローがあってもしかるべきだろう。
    三点目として、翻訳の拙さはかなり問題で、これだけ各界から文章の上手さを賞賛されているのに、私を含め多くの日本の読者が読みにくいと感じているのは、もったいない話だと思った。
    例えば244ページの、
    「私がいつも考えているのは、人間に飼育されている動物は、与えられるよりも、自ら獲物を探すことを求めると示す実験だと彼に言った」
    という一文は、何度読み直しても最後まで意味がわからなかった。
    他にも何カ所かあったが、その度に訳者のプロフィールを確認し、いくつもの著書のあるベテランなのになぁと不思議に感じた。

  • 訳が辛くてなかなか頭に入ってこなく苦労したが。
    執筆半ばで急死した著者の執念、それだけは匂いを感じ取れた。読む方も絶対に読み通す!という執念がないと読了できないこと請け合い。


  • 19〜20の年末年始は9連休だった。別段なんの予定も無かったので、この間に3冊は本が読めるなと意気込んでいたら、なんとこの一冊だけで終わってしまった。

    もちろん私自身が遅くて…というのも一因だけれど、この本、とにかく読みづらくて頁が一向に進まないのだ。
    難物だった。
    (元々一冊にまとめようとして書かれた30年分にも及ぶ原稿と折々に雑誌やブログ等に掲載された原稿が混在された内容になっており、バラバラとは言えないまでも時系列が行ったり来たりだったり、何回か登場している事柄が初めての様に扱われたりと混乱を起こし易い)

    理由は作家さんが今作の執筆中に急逝され、その後亡くなられた作者さんのご主人と彼に選出されたライターさん(2人)で前述の原稿や記事を再編纂したからのようだ。
    諸事情を鑑みれば難読も致し方ないと言えるのかも知れない。

    但し読み辛さはさておき、作者の『犯人逮捕』の一助になれば…いや、あたかも自らが捜査チームの一員かの様な執拗とも言えるその執念は十二分に伝わった。

    それだけに志半ばで倒れた事で今際の際に於いての作者はさぞや断腸の思いであったろうし、また正に『命を賭した』作品を引き受ける人達のプレッシャーは凄まじかっだのだろうと思う。
    そうしてこの作品はようやく日の目を見る。

    犯人逮捕後、
    現役捜査官が被疑者逮捕にこの作品が影響を及ぼした点は一切ない(こいつは粋じゃねーな!絶対友達になれないタイプ)とコメントしたようだが、彼女が事件に関わった捜査官達にモチベーションとインスピレーションを付与していたのは疑いようも無い。

    読後、人の命を甚だ軽視するク○袋のことなどどうでも良く、
    それよりもこの本の執筆は『命のリレー』とも呼べる長い時間をかけた正しい人と人の営み、在り方だと感じた。

    ○ソみたいな大統領と株価に吊られてそれを支持するク○みたいな国民に読んで頂きたいが…この本元々コメの国のベストセラーでした(笑)…ダメだこりゃ!


     

  • 読みづらい文章で苦労しました。。。
    結局、この著作が直接的な証拠を見つけたわけではないようなのでスッキリしないです。

  • 物凄い。TVシリーズの完成を待つ。

  • 途中で飽きてしまった

  • 本書は本になっていく過程をツイッターで見ていたり、翻訳者の村井璃子さんの『犬ニモマケズ』出版記念トークイベントでも「怖い」と話題になっていたせいか、心して読みました。すごい臨場感。クライマックスに近づいてからの一体感。感情移入し過ぎて胸が苦しくなるような読後感。無念だったでしょうね。
    もともと翻訳ミステリのジャンル、特に女性探偵ものが好きだった私には、著者のミシェルがこつこつ足を使って調べる探偵キンジー・ミルホーンの姿に重なりました。(著者スー・グラフトンも亡くなっており新作が読めない)
    80年代の黄金州を少しだけ体験した個人的な思い出も込みで☆☆☆☆☆

全11件中 1 - 10件を表示

村井理子の作品

黄金州の殺人鬼――凶悪犯を追いつめた執念の捜査録 (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズIII-9)を本棚に登録しているひと

ツイートする