感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「バカ」について、23人の識者が論じた書。

    ・どうして世の中にはバカがたくさんいるのか。
    ①人間にはネガティビティ・バイアスがあるため。
    ②人間は根本的な帰属の誤り(=他人の行動を判断するのにその人の気質や性格を重視しすぎること)に陥りやすいから。(セルジュ・シコッティ)

    ・知性にはアルゴリズム的知性と合理的知性がある。
    アルゴリズム的知性があっても、合理的知性を持ち合わせず「バカ」をする例は多い。
    ・バカとクリエイティビティは1枚のコインの裏表のようなもの。敷かれたレールから外れることが共通している。(イヴ=アレクサンドル・タルマン)

    ・「バカ」とは、ルネ・ ザゾの調査によれば「感情面での事前にかけ、自己中心的な態度で他人の気分を踏みにじり、自分自身について大きな勘違いをしている人物人物」と言える。(ジャン・コトロー)←そうだよね!そういう人!ホントうんざりする。

    ・SNSの①生活のスペクタクル化、②なんでも裁きたがる傾向、③有名になりたいと言う欲求、という3つの特徴は〈悪意の先験的条件〉であるのと同様に、〈バカの先験的条件〉と言えるかもしれない。(フランソワ・ジョスト)

    ・多くの大人、特にバカは、自分のことしか考えない。でも子どもはそうではない。むしろ子どもの真似をすることがバカの良い治療になるのではないか。(アリソン・ゴプニック)

    ・私たちは夢の中で「社会性のないバカ」や「失敗ばかりするバカ」、「騙されやすいバカ」になる。
    ・夢の中で拍子もないことが起きるのは、脳の一部が損傷することで起きる脳神経機能障害の症状と酷似している。
    ・トーレ・ニールセンは、夢の役割の1つとして不安やトラウマを引き起こすネガティブな記憶の断片を、ニュートラルな状況と組み合わせながら再現することで、その記憶の持つイメージを和らげることを挙げている。記憶の中のネガティブな感情を分析し、取り除いて重要な情報だけを保管する作業をしている。(デルフィーヌ・ウディエット)

    などなど、とても面白い。

    なによりも「バカ」と言う単語がめちゃくちゃたくさん出てくることに笑ってしまう。

  • 知識人が真面目に論じる
    [評]粂川麻里生(慶応大教授)
    「バカ」の研究 ジャン=フランソワ・マルミオン編:東京新聞 TOKYO Web
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/55097

    亜紀書房 - 「バカ」の研究
    https://www.akishobo.com/book/detail.html?id=956

  • なかなかに衝撃的なタイトル。
    思うところがあり読んでみましたが、結論は『バカに関わるな』ということでした。

    自分を省みるために、また読み直したいです。

  • ●とりわけ、知性が高く、教養がある馬鹿には要注意だ。読書から得た知識を武器にして、1冊の本、1つのイデオロギー、あるいは偉人(馬鹿だったりそうでなかったりする)の発言の引用などを盾に、多くの書物を焚書にし、その著者を弾圧する。
    ●馬鹿を更生させようとすればするほど、ますますレベルアップする。「自分は不当に妨害された被害者だ」「やっぱり自分は正しかったのだ」と馬鹿を喜ばせてしまうだけだ。自分は反体制派のヒーローで、レジスタンス運動家で、人々の同情と尊敬に値する人間だ」と思い込ませてしまう。
    ●アジアの国々では「ダニング=クルーガー効果」と全く逆の現象が起きていると言う。彼らは自らの能力を過小評価する傾向が強いらしいのだ。自分の能力をひけらかさず、何でもできると自慢したりはしない。
    ●バカとは知性の欠如ではない。アルゴリズム的知性が高くても、合理的知性が低いとバカげた意思決定をする。
    ●人間は必ずしも最大の利益を求めるわけでも、常に合理的な行動をするわけでもない。私たちの思考は「バイアス」だらけであることが判明した。どうやら私たちは、いつもいきあたりばったりに考えたり判断したりしているらしい。
    ●認知バイアスは馬鹿ではない。脳の情報処理と思考における様々な「傾向」だ。論理や確率論におけるルール違反をするせいで、時に私たちは誤った方向へ導くこともあるが、基本的には非常に実用的なスピーディーな判断をするためのショートカットである。脳の情報処理にバイアスがかかる事は、決して知性の欠如を意味しない。
    ● SNSは似通ったグループ同士の境界線をなくし、プライベートや内輪だけのやりとりと公共の場との違いを曖昧にして、人前で言って良いことと悪いことの区別をつきにくくしてしまった。
    ● SNSの特徴は、何でも手当たり次第に他人を裁こうとする傾向だ。1980年ミシェルフーコーはこのように述べている。なぜ人間はこんなにも他人を裁くのが好きなのか。おそらく、人類に与えられた最も簡単にできることの1つだからだろう。その他①生活のスペクタクル化③有名になりたいと言う欲求…こうしたSNSの3つの特徴は「悪意の先験的条件」であるのと同時に、「バカの先験的条件」と言えるのかもしれない。
    ●デジタルメディアは知能を多元的に成長させられると言う点で非常に優れたツール。ただし人間の脳は何千年単位でゆっくりと進化しています。わずか数十年前に出現し数年単位で進歩するテクノロジーに対してすぐに順応できるはずがないのです。ですから私は「デジタル脳」などと言う今時の考え方には賛同できかねます。
    ●「うんこな議論」彼らは、いかなる状況においても、あらゆる手段を使って、自分が損をしないようにうまく切り抜けようとする。正しい情報を何一つもたらさず、中身がある事は何も言っていないのに、素晴らしいことを言っているかのように振る舞う。

  •  
    ── カーネマン・他《「バカ」の研究 20200625 亜紀書房》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4750516503
     
     Kahneman, Daniel 経済学 19340305 Israel /2002 Nobel
    …… 心理学、行動経済学と認知科学を統合した行動ファイナンス理論
    及びプロスペクト理論
     
     共著者 : ダン・アリエリー アントニオ・ダマシオ ライアン・ホリデイ
    ジャン゠クロード・カリエール アリソン・ゴプニック トビ・ナタン
    セルジュ・シコッティ イヴ゠アレクサンドル・タルマン
    ブリジット・アクセルラッド アーロン・ジェームズ
    エヴァ・ドロツダ゠サンコウスカ ニコラ・ゴーヴリ パトリック・モロー
    ジャン・コトロー フランソワ・ジョスト ハワード・ガードナー
    セバスチャン・ディエゲス クローディ・ベール ローラン・ベーグ
    デルフィーヌ・ウディエット ステイシー・キャラハン 田中 裕子
    /制作;ジャン=フランソワ・マルミオン
     
    (20210628)
     

  • まわりのバカがなんでバカなのか知りたく、自分はバカとは言われたくなく、読んでみたけど。うーん。

    バカを語る切り口が多様で、頭は取っ散らかる。
    わずかにでも知的に生きていきたいと思う。

    ————/

    ・ヒエラルキーを尊重しすぎるのは大きなリスク要因のひとつ。
    例)大韓航空のコックピット内のいきすぎた上下関係

    ・ダニング=クルーガー効果、同一性の法則
    自らの能力の低さに気付かず、自分自身や自分がしたことを過大評価する傾向

    ・バカのメカニズムは知性とは関係ない。あるグループの者たちが、みるみるバカになっていくことがある。

    ・SNSで起こっていること
    ①生活のスペクタクル化
    ②何でも裁きたい
    ③有名になりたいという欲求

  • 『なぜあんな「バカ」なことを』という場合の「バカ」について、色々な人が意見を述べています

    無知なのか?感情のコントロールができないのか?認知バイアスなのか?パーソナリティー障害なのか?その原因は様々なようです

    「バカ」は自分をバカと認識しないらしいので、何でこんなにバカなことをする人が世の中多くなったんだろう、と自分を抜きに考える人は要注意です!

  • 読み始めて序盤の感想、
    1. 日本語でも「バカ」という言葉の受取り方は様々。どれだけ微妙な内容を理解できるのか。
    2. バカと言ってるあなたもバカだ、バカが溢れている、などとネガティブ感にうんざりするパートがある。
    だったが、心理学の視点や、どうして人はバカをやるのか、など、興味深いと感じるパートも多かった。

    フェイクニュースによる情報操作が、いかに容易いか、SNSで見られるバカな行動とその理由は、というパートもある。

    人の脳は2つのシステムで思考と情報処理を行っている、という「ファスト&スロー」の著者のパートが面白い。システム1が無意識にスピーディーに、システム2は論理的にじっくり思考する。

    認知バイアス、優劣の錯覚、自分だけは大丈夫という楽観バイアス、因果と相関の混同、起こった事象に意味を見出そうとする人間の習性、確証バイアス、自己中心性バイアス、自尊心、虚栄心、人間は複雑な生物だと認識させられる。

  • 適切なコミュニケーションが取れない人が「バカ」と見なされる傾向にあるらしい。社会的生物である以上、IQの高さや知識よりも、周囲と折り合って生きる能力が優先されるのだろう。「自分はバカだなあ」と笑い、反省しながら読むのが一番。

全29件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

心理学者。プリンストン大学名誉教授。2002年ノーベル経済学賞受賞(心理学的研究から得られた洞察を経済学に統合した功績による)。
1934年、テル・アビブ(現イスラエル)に生まれへ移住。ヘブライ大学で学ぶ。専攻は心理学、副専攻は数学。イスラエルでの兵役を務めたのち、米国へ留学。カリフォルニア大学バークレー校で博士号(心理学)取得。その後、人間が不確実な状況下で下す判断・意思決定に関する研究を行い、その研究が行動経済学の誕生とノーベル賞受賞につながる。近年は、人間の満足度(幸福度)を測定しその向上をはかるための研究を行なっている。著作多数。より詳しくは本文第2章「自伝」および年譜を参照。

「2011年 『ダニエル・カーネマン 心理と経済を語る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ダニエル・カーネマンの作品

「バカ」の研究を本棚に登録しているひと

ツイートする
×