山と獣と肉と皮

著者 :
  • 亜紀書房
4.10
  • (8)
  • (7)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 106
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750516646

作品紹介・あらすじ

「生き物を殺して食べること」「自然とともにいきること」。
忘れかけていた大切なことが胸に迫る、注目のノンフィクション。


3人の子を持つ母親であり、妊婦や出産、葬儀など命にかかわる写真を撮り続けている写真家でもある著者が、長崎と佐賀の里山で猪と鹿の狩猟に密着した4年間。
そこで出会った、狩猟を生業にする人々との交流や、家族とのつながりから得たものとは……。


写真家という第三者の立場から、そして女性の視点から、狩猟と向き合い、肉をさばき、家族のために料理をし、命と人とのつながりに向き合う。

民俗学者・赤坂憲雄氏、絶賛!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ジビエが好きなので、どうしようもなくタイトルに惹かれて。
    写真家である繁延さんが、地元の猟師であるおじさんの狩猟についていき、そこで撮影してきた写真と率直な言葉が綴られている。
    解体作業で裂かれ露わになった臓物や、絶命したばかりの猪の瞳、母鹿の胎内から取り出された生まれることなく死んだ小鹿、内臓をすべて抜かれて干される猪、全身の皮を剥がされる途中の鼻先。
    ページをめくって現れるエピソードと写真一枚一枚が強烈で凄まじい。あまりも鮮やかに共存する生と死のコントラストにたじろぐ。
    スーパーに綺麗に並べられた肉を買い料理し口にする日々の食卓で、私は本当の意味で自分が何を食べているのかなんて一切分かっていなかったんだ。
    山ではそれらの命がすべて循環し完結している。食って、食われて、食って、食われる。生きるために。
    その営みには駆除だとか殺しだとかそういう概念が差し挟まれる余地なんてないのかもしれない。決して可哀想ではない。頂く命に感謝しておいしく食すのみ。
    食育の一環として小さい頃からそう教えられてはくるものの、中々理解するのは難しいものなんだと改めて思う。大人になるとさらに麻痺していく。
    肉を食べて、これまで自分が「何頭食べたか」なんて思うことはまず無い。食べることで自分の中に命が積み重なっていくような感覚を持ったことさえも。
    本当に"生きること"そのものの原点に立ち返らせてくれるような凄みのある一冊だった。
    ちょうどこれから焼肉食べに行くんだけど、なんか心構えが違う。と言ったら安着すぎるだろうけど、私にも、命をいただくのだ、絶対おいしく食べてやる、という覚悟が芽生えた気がする。

  • 著者は写真家。出産に関わる写真をライフワークとしている。
    東日本大震災を1つの契機として、それまで住んでいた東京から縁もゆかりもない長崎へと移り住む。そこで猟師の「おじさん」と知り合い、肉を分けてもらうようになる。そうこうするうち、狩猟の現場にも連れて行ってもらえることになった。
    カメラのファインダー越しに、死の瀬戸際で猛っていたケモノが、命を失うさまを目撃する。
    そしてケモノは放血・解体され、肉となる。
    生きものが食べものとなる瞬間。
    著者は思うのだ。
    絶対、おいしく食べてやる
    と。

    長崎に引っ越すことになった顛末。
    試行錯誤しながら、「おじさん」にもらった肉の調理法をさまざま試し、おいしく食べられた時の喜び。
    犬と猟をする別の猟師と、その女性スタッフの不思議な関係。
    まだ幼い息子が養鶏をすることに決め、2年ほど卵を取ってから「潰す」ことにし、親子で奮闘する話。
    鞣し皮職人を訪ね、その仕事ぶりを見学させてもらったときのこと。
    そうしたエッセイの合間に、ケモノや猟師、解体や鞣し作業のモノクロ写真が挿入される。
    元はウェブマガジンの連載で、それらを再構成し、書き下ろしを加えた作りである。

    全般に生きることの手触りを探っているようなエッセイである。
    食べることは生きること。
    肉であったものはかつては生きていて、それを殺した延長線上に食肉はある。
    死を目撃するのはやはり衝撃的だ。けれども、いやだからこそ、なのか、いのちをもらった以上は、肉であれ皮であれ、無駄にすることなく、大切に「いただく」。
    そんな猟師や職人の気概を、間近で見守る著者もまた、いのちについてさまざまに思いを巡らせる。
    整合性の取れた話ではない。結論があるわけでもない。
    ただそうして、いのちの現場に立ち会うことで、見えてくる景色もあるはずだ。
    読者もまた、著者とともにその現場に赴き、いのちについて考える。
    そんな上質のフォトエッセイである。

  • "“死後の再生”なんて、生きることだけが目的の私たち人間にとっては観念的なものにすぎないとも言える。私自身そう思っていた。けれど、山に通い、台所で肉を捌くようになってから、少し変わってきた。観念ではなく、事実としての自分の死体の行方を考えるようになったからだ。今は、遺灰を畑に撒くよう家族にお願いしておきたいと思う。せめて、土と交わりたい。あたらしく生まれる命あるところへ。"(p.77)


    "はっきりわかっている大事なことは、明日も生きるなら、まずは食べるしかないということ。考えてみれば、山の獣はじめあらゆる生き物はそうやって生きている。うちのコッコも、食べて、排泄して、産卵、以上。そんな暮らしぶりだ。大事なことから順番に考えるとスッキリする。スッキリした頭で考えていきたい。"(p.232)

  • 2021夏の文芸書フェア

    所蔵状況の確認はこちらから↓
    https://libopac.akibi.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=fromlist&lang=0&amode=11&bibid=2001012664

  • <目次>
    はじめに
    序章 獣の解体と共食
    第1章 おじさんと罠猟
    第2章 野生肉を料理する
    第3章 謎のケモノ使い
    第4章 皮と革をめぐる旅
    おわりに

    2021.03.02 Numbers Webで見つける。
    https://number.bunshun.jp/articles/-/847100
    2021.04.04 読書開始
    2021.04.10 読了
    2021.04.16 【書評】『山と獣と肉と皮』~生き物を殺して食べるということ~
    http://naokis.doorblog.jp/archives/eat_wild_boar.html
    2021.04.21 品川読書会で紹介する。
    http://naokis.doorblog.jp/archives/shinagawa_reading_comm_44.html
    2021.04.24 朝活読書サロンで紹介する。
    http://naokis.doorblog.jp/archives/reading_salon_176.html
    新敏製革所 | 日本のタンナー | 日本革市
    https://www.kawa-ichi.jp/tanner/shintoshi/index.html

  • 写真家の人が猟を見に行き、ついには皮なめしの白鞣しを見に行く。のと並行して、猟でとったジビエを料理して食べる、子供が養鶏をする。
    なんか、すごい。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

写真家。兵庫県姫路市生まれ。桑沢デザイン研究所卒。
2011年に東京。中野から長崎県長崎市へ引っ越し、夫、3人の子ども(中3の長男、中1の次男、6歳の娘)と暮らす。雑誌や広告で活躍するかたわら、ライフワークである出産や狩猟に関わる撮影や原稿執筆に取り組んでいる。
主な著書に『うまれるものがたり』『永崎と天草の教会を旅して』(共にマイナビ出版)など。現在「母の友」および「kodomoe」で連載中。

「2020年 『山と獣と肉と皮』 で使われていた紹介文から引用しています。」

繁延あづさの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
森見登美彦
恩田 陸
朝井 リョウ
伊藤 亜紗
村田沙耶香
劉 慈欣
宇佐見りん
有効な右矢印 無効な右矢印

山と獣と肉と皮を本棚に登録しているひと

ツイートする
×