公害原論 合本

著者 :
  • 亜紀書房
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750588131

作品紹介・あらすじ

東大夜間自主講座において、著者10年の蓄積を傾けて展開された同名の講座講義録。流行の公害論議への鋭い根底的批判を熱気あふれる聴衆に訴え、討議した。講座開催の理由、公害の一般的状況、水俣病、新潟水俣病、足尾鉱毒事件の各章により構成する。

著者プロフィール

1932年東京生まれ。56年、東京大学工学部卒業後、日本ゼオン(株)に3
年間勤務。そこで水銀を扱った経験から、水俣病に関心を持つ。65年、東京大
学工学部都市工学科助手。水俣病に代表される公害問題が全国で多発するな
か、原因企業を厳しく糾弾する活動を展開したため、御用学者の多かった東京
大学で昇進の道を閉ざされ「万年助手」としてその名を知られることとなった。

「2016年 『自主講座「 公害原論」の15年 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宇井純の作品

公害原論 合本を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする