本格メキシコ料理の調理技術 タコス&サルサ―トルティージャの技術、タコスのバリエーション、サルサのレシピ、唐辛子の使い方…etc.

著者 :
  • 旭屋出版
4.11
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784751107508

作品紹介・あらすじ

伝統的なものから最近の傾向を含めて、目新しいメキシコ料理の景色を紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • トルティージャに魅せられプレス機買っちゃいましたw
    タコスを作ったらそのサンドのガルニチュールの豊富なこと。
    マキナの元は十分取れたしw
    サルサソースだけでも27種載ってます。

    しかし、わたしが習ったメキシコの人の料理って
    なんでもジューサーにかけていたんだけど
    この本には1つもないんだ。
    なんでだろう。

  • タコスが作りたかったので。いや、ここまで本格的なことは考えてなかったんですが。色々学びました。

  • 余り見かける事のないメキシコ料理本は貴重。
    料理の種類と説明や現在の流行も詳しく、入門書を求めている人にはぴったりなのでは。
    メキシコ料理はどうしてもビジュアルが同じようになりがち(肉とトルティーリャに、トマトのソースがかかっている)なので難しいとは思うけれど、写真や盛りつけが単調に見えてしまうのが残念。あと、やはり材料や手順が日本人には馴染みがないので、作り方の写真が大きいかカラーだとよかったんだけどなぁ。

全4件中 1 - 4件を表示

渡辺庸生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

本格メキシコ料理の調理技術 タコス&サルサ―トルティージャの技術、タコスのバリエーション、サルサのレシピ、唐辛子の使い方…etc.を本棚に登録しているひと

ツイートする