カフェロッタのことと、 わたしのこと

著者 :
  • 旭屋出版
3.40
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 38
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784751114391

作品紹介・あらすじ

東京・松陰神社前の『カフェロッタ』。

オープンして20年、女性オーナーがひとりで切り盛りする小さなカフェは、
今日も客足が絶えません。
本書は、カフェロッタオーナーの桜井かおりさんが、
カフェのこと、そして自分自身のことを振り返りながら、
いまだから伝えたいストーリーをカフェレスに連載した
「カフェ・オ・レは きょうも笑顔」をまとめた一冊。

珠玉のエピソードの数々が明かされ、小さなカフェになぜ人が集まるのか、
その理由が読み解けます。
これからカフェの開業を目指す方にとっての参考書であり、
自分らしく自立して生きるための指南書です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 女子栄養大学図書館OPAC▼ https://opac.eiyo.ac.jp/detail?bbid=2000057425

  • 友だちがSNSにカフェロッタに行ったとあったので、読んでみた本。あるカフェの20年。素敵なオーナーさん、素敵な店。憧れる人は多いのかな。

  • Amazonのbotさんにおすすめされて、図書館で借りた本。
    世田谷にあった(今はもうないらしい)有名カフェのオーナーによるエッセイで、そのカフェについては私はまったく知らなかったけれど、きっとカリスマ人気があるのだろうと思う。というのも、この本もけっこうな人数の予約が入っていた。

    予約してまで読んでおいて、こんなことを言うのも何だが、写真で見るカフェは、どっちかというと私の苦手な方向性の「カワイイ」にあふれたお店で、全く1ミリもそそられなかったけれど(ほんとすんません、正直に言うと全部苦手です。ケチャップべったりのオムライスとか目をそむけてしまった)、でも、やっぱり人気を集める店の人気の理由は「運」や「たまたま」ではない、と思った。
    オーナーは、とにかく半端ない努力をしているが、努力を努力と思っていない。店への愛にあふれていて、人との縁を本当に大切にしている。個人事業主というのは多くはそうなのかもしれないけれど。
    仕事への姿勢にはとても敬意を感じた。

    アルバイトは「料理が好きなこと」を条件に選んでいた、というのは、おお、確かにそれ大事だなーと思った。お料理って、料理することが好きな人が作ると本当においしいと思う。そういう人たちが働くカフェに行きたい。

    惜しげもなく披露してくれているレシピのうち、「カフェロッタ特性秘伝だれ」と、「ジンジャーの素」は作ってみたいと思ったのでメモした。

  • 世田谷にあるカフェの店主の本。
    生きるスタンスがいい。
    読み応えもあった。

全4件中 1 - 4件を表示

桜井かおりの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×