お手紙レッスン

著者 :
制作 : トニー ロス  D.J. Lucas  Tony Ross  千葉 茂樹 
  • あすなろ書房
3.67
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784751519042

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 児童書作家と少年との往復書簡。
    純真な少年の手紙に,ユーモアと誠実な返事を返す作家。
    こういう大人になりたい。

  • いい! 手紙をやりとりするところは、本当にいい。 マックスの書く文章は、素直でわかりやすくてかわいらしい。 D.J.のことばもすごくすてき。とってもとってもいい。 これが実話だとしたら、すごくうれしい。

  • 人気児童書作家、D.J.ルーカスと、少年マックスの手紙のやりとりで進む物語。
    マックスは、病気のことやイジメのことなど、小さいながら悩みも多い。将来作家になりたいマックスは、自分もお話を書いてみることで、さまざまな鬱憤を晴らす。ルーカスは、さりげなくアドバイスをおくりながら、マックスの心の支えとなっていく。
    状況はシビアだが、からりと明るいストーリー。マックスは病気を克服し、精神的にもだんだん強くなる。かたやルーカス自身も、マックスに影響を受け、いい作品を生み出していく。大人と子どもが、対等に描かれているところが、押し付けがましくなくていい。
    トニーロスの、ユーモラスで素朴な挿絵も魅力的。(07-03-05)

  • 9歳の男の子マックスは、おじさんからもらった本がとても気に入り、作者にファンレターを出しました。それが2人の文通のはじまり。会ったこともない年の離れた2人が、手紙を通して心を通わせていく。そのやりとりだけでつづられた心あたたまる1年間の物語です。手紙に添えられたマックスの絵は夢があり、見ているだけで楽しくなります。読みはじめればきっと、2人の身に悲しいことが起きないようにと願っている自分を発見するでしょう。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする