ローワンと魔法の地図 (リンの谷のローワン 1)

制作 : 佐竹 美保  Emily Rodda  さくま ゆみこ 
  • あすなろ書房
3.85
  • (163)
  • (137)
  • (214)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 1146
レビュー : 140
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784751521113

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この作品がきっかけで他の作品も読み始めました。ハリーポッターよりもこっちが好き。

  • 初めて外国の作家さんを好きになった作品。

  • ファンタジーとして、王道で落ち着いてて安心する。

  • 子供が学校で4巻を借りてきたのですが、おもしろくて親のほうがはまってしまいました。各巻とも単独でも読めるようですがやはり最初から読むといっそう面白いです。勇敢で力強くて決して逃げないことが美徳のリンの村で、弱虫なために「臆病なウサギ」とからかわれているローワン少年が、成り行きで村の危機を救わなくてはならなくなります。同行者は勇敢でたくましい大人の男女6人。しかし道中でそれぞれ心の中の弱い部分を突かれてひとりまたひとりと落伍していきます。目的地にたどり着いて問題を解決するのは誰なのか、ドキドキします。

  • なかなか面白かったシリーズもの。およそヒーローとは無縁そうな気弱な少年ローワンが主人公。むしろ周りの大人の方がこぞってやる気満々でヒーローっぽいのが笑える。ちっぽけなローワンががんばってるのがいいです。

  • ローワンシリーズ
    主人公が思いっきり派手ということもなくむしろ脇役、補助っぽいところが新鮮でした
    ちょっと変わってた感覚で読めます

  • ローワンシリーズ第一作目
    リンの村に流れる川の水が突然止まってしまった。その謎を解くため、ローワンは村の仲間と共に山に入ることになるのだが・・。
    小さなローワンに読みながら思わず頑張れ!と応援したくなる
    旅する段階で大人たちのことを理解するようになり、心を通わせあうようになって良かったねぇ。とほのぼの

  • 最近読んだHIT作。バクシャーの為と頑張る少年に心打たれます。シリーズらしいので、その他の作品を読むのが楽しみです。

  • 課題図書だったんだけどね、気付いたらハマってた(笑)

  • リンの谷にすむローワンは、引込み思案でおとなしいけれど、動物を愛する少年。「弱虫」と言われるローワン少年が、谷の危機を救うため竜が住むという山に登り、大人達とともに大冒険をすることになる・・・。弱いからって、ダメなわけじゃない。弱いものが持つ思慮深さが、強いものの持つ勇敢さに勝ることもある。

全140件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

オーストラリア在住のファンタジー作家。『リンの谷のローワン』シリーズや『デルトラ・クエスト』シリーズ、『ティーン・パワーをよろしく』『フェアリー・レルム』『ロンド国物語』など多数の人気児童書シリーズを執筆。とくに『デルトラ・クエスト』シリーズは、日本をふくめ全世界で大ヒットし、累計1500万部を突破している。2014~2015年に日本でも出版された『勇者ライと3つの扉』は、デルトラ世界とつながっていたことが判明し、話題を呼んだ。

「2016年 『スター・オブ・デルトラ 1 〈影の大王〉が待つ海へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エミリー・ロッダの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
コルネーリア フ...
クリフ・マクニッ...
ラルフ・イーザウ
ラルフ・イーザウ
森 絵都
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする