ローワンと魔法の地図 (リンの谷のローワン 1)

制作 : 佐竹 美保  Emily Rodda  さくま ゆみこ 
  • あすなろ書房
3.85
  • (163)
  • (137)
  • (214)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 1146
レビュー : 140
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784751521113

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ワクワクしながら一気に読める。バクシャーたちやスターが近くにいたらなぁ。

  • リンの谷の川が干上がり、家畜のバクシャーたちの生命線が断たれた。原因究明のため、リンの村から6人の勇気ある者たちが、水源のある「禁じられた山」へ向かうことになった。ひょんなことから、臆病な少年ローワンは、村の「賢い女」シバから魔法の地図を譲り受け、7人目の冒険者となる。

    >「そうだな、やせっぽちのウサギくん。そうだろうな」ジョンがつぶやいた。「怖がりながら、きみは山を登った。怖がりながら、きみは危険に立ちむかった。そして、怖がりながら先へと進むんだ。それが本当の勇気なんだよ、ローワン。怖がらないのは、おろか者だけさ。シバは、知ってたんだ。シバには、最初からわかってたんだよ」

    まっすぐにメッセージが届いてくるファンタジー。手に汗握る冒険はさることながら、6人の大人たちの人間関係がリアル。あたたかな絆ばかりではありません。居心地の悪さというのがとても丁寧に描かれています。
    6人の大人たちの中にあって、ひ弱なローワンが居心地悪いのは当然なのですが、彼は家庭の中でも居場所を見失いかけていました。勇敢な父親がその命と引き換えにローワンを助けたこと。あまりに臆病で気弱な気質のローワンに対して、母親が育てにくさを感じていること。
    この物語は、少年がいったん家を離れ、冒険の中で大きく成長し、再び家族や村の人々との関係を結び直す物語であるとも言えます。

  • 昔読んだやつ。シリーズすべて読みたい。

  • ストーリーや設定はどこかにあるようなものかもしれないけど、臆病なローワンが大人たちと一緒に困難に立ち向かう様子は読んでいてドキドキワクワクしました。
    ローワンがバクシャーや生き物たちに向ける優しい心や、大切なものを想って勇気を出して進んで行く様はきっと子どもたちの心に強く響くんじゃないかなと思いました。
    困難の前では、子どもや大人、男、女、そういうものが関係ないところも良かったです。

  • リンの谷の水が涸れてしまう。禁断の山へと冒険が始まる

  • 【あらすじ】
    リンの村を流れる川が、かれてしまった。このままでは家畜のバクシャーもみんなも、生きてはいけない。水をとりもどすために、竜が住むといわれる山の頂きめざして、腕じまんの者たちが旅立った。たよりになるのは、魔法をかけられた地図だけ。クモの扉、底なし沼、そして恐ろしい竜との対決…。謎めいた6行の詞を解きあかさなければ、みんなの命が危ない。

    【感想】

  • 冒険自体はありきたりなのかもしれません。登場人物すべての性格が詳細に書かれているわけでもありません。しかし主人公の少年の心は丁寧に描かれ、物語は進んでいきます。小さくて弱いものが本当に強い。ローアンは弱虫ながらも次々とやって来る難関を突破していきました。強靭な肉体や精神よりもやわらかい心が強いのだと気付かせる素敵な物語です。児童書ですが大人もぜひ。

  • 何気に借りたけど一気読み。
    怖がりながら、先へ進むのが、本当の勇気。
    こわがらないのは、おろか者だけ。
    なるほど、名言です。
    続きが読みたい。

  • ・ローワンが魔女の死を聞いて、みんなからおそれられている山にのぼり、水の出なかった理由をつきとめるところが、おもしろくておすすめです。
    ・すごく楽しく、ワクワク、ドキドキするぼうけんの話で、その世界に入って読むことができる。

  • 再読。ローワンが、自分のことを信頼してくれているバクシャーたちのために、山に行くことを決めたシーンが好き。

全140件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

オーストラリア在住のファンタジー作家。『リンの谷のローワン』シリーズや『デルトラ・クエスト』シリーズ、『ティーン・パワーをよろしく』『フェアリー・レルム』『ロンド国物語』など多数の人気児童書シリーズを執筆。とくに『デルトラ・クエスト』シリーズは、日本をふくめ全世界で大ヒットし、累計1500万部を突破している。2014~2015年に日本でも出版された『勇者ライと3つの扉』は、デルトラ世界とつながっていたことが判明し、話題を呼んだ。

「2016年 『スター・オブ・デルトラ 1 〈影の大王〉が待つ海へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エミリー・ロッダの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
コルネーリア フ...
クリフ・マクニッ...
ラルフ・イーザウ
森 絵都
有効な右矢印 無効な右矢印

ローワンと魔法の地図 (リンの谷のローワン 1)に関連する談話室の質問

ローワンと魔法の地図 (リンの谷のローワン 1)を本棚に登録しているひと

ツイートする