盗まれた記憶の博物館 (上)

制作 : 佐竹 美保  酒寄 進一 
  • あすなろ書房
3.73
  • (87)
  • (105)
  • (151)
  • (14)
  • (2)
本棚登録 : 773
レビュー : 69
  • Amazon.co.jp ・本 (386ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784751521267

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 失われてしまった父の記憶を探しに忘れられた記憶たちが住む世界に行く…。
    世界史好きにはたまらない設定が満載で、東西ドイツの問題とか「戦争」を感じさせる物もありと壮大なファンタジーです。
    記憶とはなんだろうということを問い直す。イーザウの物語では一押しです。

  • <span style="color:#cc9966;">イシュタル門、一角獣、ペガサス、アレクサンドリア図書館、バベルの塔。 父さんが、弟が、次々と消えていく。だれかが私の記憶を消そうとしている…。ふたごの天才コンビが古代から現代まで、時空を超えて謎に挑む壮大な歴史ロマンファンタジー。</span>

  • 上巻は、とっても読みにくかった
    ★2にしようかなって思ったくらい
    どうしてかな?歴史とか名称が日本人にはなじみがないからかな(^^;
    下巻は、慣れてきてまあまあ
    思ったより、壮大な物語でした

    下の階の人のことと、持ち帰ったボタンに何かあるかなー?と期待してたんだけど?

  • 【あらすじ】
    父さんが、弟が、次々と消えていく。だれかが私の記憶を消そうとしている…。ふたごの天才コンビが古代から現代まで、時空を超えて謎に挑む壮大な歴史ロマンファンタジー。ブックステフーダー賞受賞作。

    【感想】

  • 歴史ファンタジー。大人も充分楽しめる児童書です。ただの冒険ファンタジーとして読んでも楽しいですが、歴史の知識が深いとなお面白い。
    久々に読んだので、細かいところはすっかり忘れて新たに楽しんでます。2人は盗まれた記憶を取り戻せるのか。最後にアトランティスという単語が出てきて、ますます下巻が気になります。いざ、伝説の島アトランティスへ!

  • まだ上巻まで。‬
    ‪予備知識なく読み始めてから『ネシャン・サーガ』の人だと気がついた。‬
    ‪ベルリンに住む双子の姉弟の元に警官がやって来て、博物館の夜警である父親が展示品を盗んだと言うところから物語は始まる。‬
    ‪だがおかしなことに双子には父親の記憶がぽっかりと抜け落ちていた。そんなバカな…!‬
    ‪ベルリンのペルガモン博物館、一度行ったことがあるのだけど、青く美しいイシュタル門は確かに印象深い。‬
    ‪父親を取り戻すためにイシュタル門をくぐり忘れられた記憶の世界クワシニアに向かう弟のオリバーはかつてシェヘラザードが大事にしていたガラスの小鳥やソクラテスの弟子と、そして弟のことすら忘れてしまった姉のジェシカは博物館の学芸員ミリアムと、この謎に挑みオリバーと父親を救い出す…‬
    ‪のだろうけども。‬

    ‪古代バビロニア、旧約聖書、過去ベルリンで起きたこと…たくさんの要素がモザイクのピースのように散りばめられて楽しい。大人しくて感受性の豊かなオリバーとしっかり者て論理的に考えるのが好きなジェシカがそれぞれの協力者を得て不安や疑念を乗り越えていく様は児童文学ならではとも思う。‬

    ‪期限までにクセハーノを倒せるのか。下巻を読むのも楽しみ‬

  • 現代の(といっても原著は1997年なので少し前)ベルリンと、「忘れられたものたちの国」クワシニアを舞台にしたファンタジー。双子の姉弟ジェシカとオリバーの父は考古学者だが、この世と記憶の国クワシニア両方の征服をたくらむ古代の神クセハーノの野望に気づいたため、こつ然と姿を消したうえに盗みの容疑をかけられる。おそろしいのは、姉弟が父のことをまったくおぼえていなかったこと。どうしてそうなっているのか、父は何をさがしもとめていたのかをたどり、オリバーがクワシニアにのりこむまで。

    古代メソポタミア?文明にまで話はさかのぼるけれど、そこに設定をかりて、イマジネーションが自由に広がる。決め手となりそうなのが、敵の真の名を知ることというのが、さまざまなファンタジーとの共通点を感じさせる。洋の東西を問わず、名前の霊性のようなものへの思いってあるんだなあと。

  • 双子の姉弟ジェシカとオリバーは、姿だけでなく記憶からさえも消えてしまった父親の行方を追うこと…。忘れられた記憶の国「クワシニア」と現実世界で別々に秘密に迫る物語。

    幻想的なファンタジーを読みたくて手に取ったわりに、不思議な生物が多くでてくるオリバー視点よりも現世から謎を解こうとするジェシカ視点のパートの方に自分の興味が向いていっているような気がします。

    上巻で、いい感じに話も広がってきたところなので、下巻の展開が楽しみです。

  • 感想は下巻にて。

  • 上下巻。
    記憶を題材にしたファンタジー。

    双子のジェシカとオリバーが主人公。

全69件中 1 - 10件を表示

ラルフ・イーザウの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ラルフ イーザウ
クリフ・マクニッ...
荻原 規子
荻原 規子
ラルフ・イーザウ
有効な右矢印 無効な右矢印

盗まれた記憶の博物館 (上)を本棚に登録しているひと

ツイートする