ネシャン・サーガ (1)

制作 : 佐竹 美保  酒寄 進一 
  • あすなろ書房
3.59
  • (13)
  • (20)
  • (35)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 145
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784751523414

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 伝説の杖ハシェベトを英知の庭にいる裁き司ゴエルに届けるという使命を帯びたヨナタンが、数々の冒険と困難を乗り越えていく話の第1部の1巻。
    長いストーリーの導入部として、大まかな世界観の説明と、ヨナタンが杖の担い手に選ばれるまで、そして長い旅の始まりの部分。
    ヨナタンが穴に落ちて伝説の杖ハシェベトを手に入れ、ツチクイを倒して家に戻ると、養い親のナヴランから自分が杖の担い手であることを告げられる。ヨナタンは、イェーヴォーの使者ベネルの言葉に従い、世界の風号に乗り込み、英知の庭を目指して出航し、千兆の息子ヨミと出会う。世界の風号は、闇の帝国テマナーの将軍ゼトアの乗るナルガ号に撃沈されてしまう。

    全体的に宗教色の強い作品なので、好き嫌いは分かれるかと。
    ヨナタンという人物が今一つまだ掴めないですが、とにかく信念を持って生きている感じがします。
    まだ1巻目なので壮大な世界観の説明や物語の序章と言う感じがしました。

  • 訳者あとがき 酒寄進一

  • 中学生の時にはまって読んでたファンタジー。冒険ものなら個人的におすすめ。本当大好き。

  • 夢の世界と現実の世界が少しずつリンクしていくという、物語の王道!だけど、なんでもない少年がヒーローになっていくのはやっぱりいい。

  • 続き、読んで無いなぁ~。

  • 名前だけは知ってたネシャンサーガ
    ファンタジーは好きなんですが、なんかいっぱいありすぎる!
    ってことで敬遠してたけど
    これはけっこう面白いかも?

    世界観とかよくできてて胡散臭さとかできすぎ感やりすぎ感もないし
    現実世界と異世界とふたり主人公がいるのも、どっちも面白いしどうリンクするのかなーとひきこまれる

    お試し1巻読みが多くなっちゃうけど、ネシャンサーガはつづきが読みたくなりました!

  • 中学生の時に読んでハマりました。
    最近また読みたい…。

  • 未読。
    シリーズ物。

    病弱な少年が、夢の世界では別の少年として冒険の旅をする。

    きっと夢と現実とがリンクしだしたりするんだろうなぁ。

  • このシリーズも読み応え抜群でしかも面白かった。
    ハード面で言うと、分厚い3冊シリーズですが全然気になりません。
    むしろ、これだけ面白い小説がこんなに長く続くんだと言う点に非常にうっとりしてました。
    ストーリーは壮大。
    ジョナサンっていう現代の男の子とヨナタンっていうファンタジー界の男の子の視点が入れ替わり立ち替わりで展開していきます。


全23件中 1 - 10件を表示

ラルフ・イーザウの作品

ツイートする