庭をつくろう!

  • あすなろ書房
4.19
  • (28)
  • (25)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 307
感想 : 33
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784751527184

作品紹介・あらすじ

ちいさな園芸家の1年間を描いた傑作絵本、待望の再刊!春、バンジャマンの引っ越してきた家には、広い庭がありました。でも長いこと空き家だったので庭は荒れ放題。そこで・・・。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み

  • 週末しかお世話のできない私でも、花が咲く時期をワクワクしながらイメージして庭づくりをします。日陰や日なた、風あたりの強い場所、そうでない場所、季節によっての日照時間……、考えることはいっぱい。土との相性もあって上手に育つものもあれば、そうでないものもあります。ほんと難しい……!気付けばすぐ草ぼうぼう、こらからの季節やっかいです(笑)。
    .
    今日はそんな私の大好きの本!

    #庭をつくろう
    #ゲルダミューラー

    引っ越ししてきたばかり、草ぼうぼうのお庭を子ども達と一緒につくっていくお話。
    自然と関わりあいながらの暮らしがとても穏やかで、子供達にも味わって欲しい世界だなぁ〜って、そうやって1年が流れていくこと知って欲しい!命あるものをお世話する事の重さも知って欲しいなぁ〜!
    親子で家庭菜園してる方お薦めかも!とてもおしゃれな本ですよ!
    .
    #ぼくの庭ができたよ を再発行してできた本です。自然の営みをゆっくり味わって欲しいです!
    .
    そして一言付け加えるならば……子供達が人生において大きな花を咲かせる為に、地面にしっかり根をはり、栄養を沢山取る必要がありますね。植物と同じ、本当に同じなんです!難しい…………。
    .

    #庭づくり
    #季節#自然の営み

  • 大きなお庭のあるお家に引っ越してきたバンジャマンと妹のキャロリーヌ。
    さあ、どんな庭を作ろうか!
    青々とした芝生に、兄妹それぞれのスペース。
    僕はお花をキャロリーヌは野菜一杯の花壇にするぞ。
    その様子を見守っていたお隣のルイのアドバイスを受けながら庭は出来上がっていく。

    草花で遊び、芝生に横になり、水遊びをして。
    季節とともに移り変わる庭。
    足の悪いルイも、兄妹の友達も楽しそう。
    そしてお庭が素敵なだけに家の中も気になるわー。
    私ってなんでも枯らしてしまうので、庭仕事も畑仕事も苦手なんだけど、こんな楽しそうな庭なら毎日土いじりしたいかも。
    少し頑張るか、という気持ちになった。

    怖かったとこあるよ。ほら、このケンカのとこ。だって、髪の毛ひっぱってるんだよ!
    楽しかったのは水まいて遊んでるとこと、焚き火で焼いてるところと雪で遊ぶところ。
    パーティしてるのいいな。M7

  • 絵本です。たのしい本です。

  • オランダ生まれでパリに住んでいる作者の自然と調和した庭造りの絵本。自然と親しんで育つことの楽しさが伝わってきます。

  • 草花を好きになるって素晴らしいと思う
    四季を迎えるのが楽しみな子供に育てたいよな…でも自分ですら季節の移りかわりを見逃すことが多々あって、絵本からまた意識できたらなと学べました

  • 『秘密の花園』のように、荒れ果てた庭が蘇っていく様子に様子にわくわくした。庭付きの家に住みたくなった。

  • バンジャマンの引っ越してきて家には大きな庭があり…。小さな園芸家たちの庭づくりははたしてどうなるか。
    季節の移ろい、自然の美しさを改めて感じさせる絵本。

  • ヨーロッパの庭づくり。草花と野菜と果樹と、様々な植物を庭で育てる。鳥や花など季節の移り変わりが楽しく描かれている。シジュウカラが可愛い。

  • 「ちいさな園芸家の1年間を描いた傑作絵本、待望の再刊!春、バンジャマンの引っ越してきた家には、広い庭がありました。でも長いこと空き家だったので庭は荒れ放題。そこで・・・。」

  • 最初から最後までワクワクした。
    自然の学び、四季の楽しみ感じられる。

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1926年オランダ生まれ。アムステルダムのデザイン学校卒業後、パリに移住。フォーシェの絵本実験学校で学ぶ。絵を担当した作品に『ぼくたちのかしの木』(文化出版局)、『みえないさんぽ-このあしあとだれの?』(評論社)など作品多数。

「2018年 『マルラゲットとオオカミ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ゲルダ・ミューラーの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×