まめまめくん

制作 : セバスチャン・ムーラン  ふしみ みさを 
  • あすなろ書房
4.00
  • (15)
  • (13)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 129
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784751528228

作品紹介・あらすじ

お人形のくつをはき、マッチ箱の中でねむるまめまめくんは、ちっちゃいけれど何でもできた。小学校へ行くまでは……。みんなとちょっと違う子にエールをおくる心あたたまるカナダの絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一寸法師をほうふつとさせるまめまめくん。が、彼は大きくならず、小さい自分にぴったりの仕事を見つける。

  • とっても小さく生まれたまめまめくん。
    なんだって一人でできるのに、学校に通うようになったとたん、みんなとの違いに直面し、仲間はずれになってしまいます。

    学校という均一化を要求する環境の残酷さと、みんなと違っても自分ができることをやればいいという希望が込められています。

    とにかく絵がすごくかわいくて、にこにこ読めます。

  • とってもちいさいまめまめくん。まめまめくんにとってふべんなことはいっぱい。まめまめくんのお仕事がすてきです。

  • 生まれた時から、豆粒みたいに小さい男の子「まめまめくん」の成長のお話。
    周囲とはちょっと違う子を全肯定している内容で、非常に良かった。
    学校へ行くまでは、困ったことなどなにもない、なんでもできた、まめまめくん。
    集団で生活することの困難を見せられて少し寂しくもなるが、大人になったまめまめくんは、素晴らしく素敵に生活している。ユーモラスでありながら、ホッとする絵本だった。
    なんといってもまめまめくんが可愛らしい。
    大人になったまめまめくんのお仕事が、また面白くて素敵で、良かった。

  • 最後がいいな

  • どんなに小さくても自分にはやれることがある!

    まめまめくんは小さくても楽しそうだ
    小さいからこそ出来る楽しさもたくさんあるね

  • 学校が規格から外れた子の排除の場でしかないこと。しかし、社会には必ず活躍の場があること。胸が締め付けられつつも、心温まるストーリーでした。

  • まめまめくんは産まれた時から豆粒みたいに小さい赤ちゃんだった。けれど、泳ぎは赤ちゃんの時に覚えたし、車の運転もできて、冒険も大好き。けれど、学校に行ったら、まめまめくんにとっては何もかも大きすぎて…。

    まめまめくんの小ささは個性であり、欠点でも弱点でもない。他の人から見たらまめまめくんの「できる」はちょっと違うかもしれないけれど、それはただ単にその人の世界の「できる」であって、まめまめくんにとってはみんなと同じように「できている」ことであり、他の人と変わらない。そして、まめまめくんにしかできない、まめまめくんだからこそできること。自己肯定の絵本。

  • 絵が小さいので、読み聞かせには向かない
    と思いました。
    お話の内容は、自分が人と違う気がして
    そして、それがいけないことのように
    思えている子には勇気を与えてくれると
    思います。

    自分の子どもにも読むとか、ごくごく
    少人数でなら良いかも。
    中学年以上向けです。

  • わたしはちっちゃい頃から
    ちっちゃいものがだ〜いすき
    だから、気にすることだってプラスの面もあるのだ!
    個性がなきゃつまんな〜〜い

全19件中 1 - 10件を表示

デヴィッド・カリの作品

まめまめくんを本棚に登録しているひと

ツイートする