ねえさんといもうと

  • あすなろ書房
4.16
  • (22)
  • (25)
  • (10)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 259
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784751529515

作品紹介・あらすじ

世界的絵本作家ゾロトウのあの物語が、
酒井駒子の絵で、今あざやかによみがえる!

小さいいもうとは、いつもねえさんといっしょです。
学校へ行くときも、遊ぶときも、おやつを食べるときも。
ところが……。

幼い子の成長をみずみずしく描いた珠玉の名作。
日本オリジナル版、待望の刊行です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • わたしも、ふたり姉妹だからなんだかすごく共感できた。妹ってこんなふうに見てたのかな。


    小さいころは、よく妹の手を引いて歩いていた。
    けど、今は引っ張られる側になった。笑
    どんくさい姉でごめんね。


    面倒ばかりみていたねえさんと、そんなねえさんに頼っていたいもうと。

    ある出来事をきっかけに、いもうとがねえさんの気持ちを考えるようになり、ふたりの関係が変わります。


    いつもしてもらっていたやさしさを、今度はいもうとがねぇさんにしてあげたのです。
    このときのふたりの間に流れる空気感は、なんとも言えない愛おしさで、あふれていました。


    お話も絵もとても素敵でした!

    • nejidonさん
      胡桃さん、丁寧なお返事をいただいて、こちらこそありがとうございます!
      はい、私には兄がいっぱいおります・笑
      おかげで、小さな頃からそれぞ...
      胡桃さん、丁寧なお返事をいただいて、こちらこそありがとうございます!
      はい、私には兄がいっぱいおります・笑
      おかげで、小さな頃からそれぞれの本棚の本を読むことが出来ました。
      私の本棚はもともとは絵本と児童書だらけでした。カテゴリーから入っていただくとすぐ分かります。
      今は「本にまつわる本」を集めていますが、もとはそういうところです。
      なので、胡桃さんのレビューにはすぐ反応してしまいます。
      シャーロット・ゾロトウは本当に好きですよ。他にも好きな絵本作家さんがいっぱいいます。
      楽しくて、でも心に響く本、生きる力になる本を、たくさん読んでいきたいですね。
      こちらこそ、よろしくお願いします。
      2020/08/26
    • 胡桃さん
      nejidonさん、こんばんは。

      いっぱい、いらっしゃるんですね!お兄様方の本棚の本も読めたなんて、羨ましいです。
      自分以外の本棚をのぞけ...
      nejidonさん、こんばんは。

      いっぱい、いらっしゃるんですね!お兄様方の本棚の本も読めたなんて、羨ましいです。
      自分以外の本棚をのぞけるのは、ワクワクしてしまいます。笑 知らない本がたくさんあるので。


      実はnejidonさんの本棚、絵本や児童書も多いのでとても素敵で、こっそり参考にさせていただいてました。
      私は小さい頃、外をかけ回っていたので、大人になってから、絵本や児童書の魅力にはまりだしました。
      友達から借りた、乙一さんの「銃とチョコレート」がきっかけでした。

      どんどん読みたい本ばかりが増えてしまい、次はどっちを読もうか…と幸せな悩みがつきません。笑


      まだまだ知らない作家さんばかりです。本書のお話とても素敵だったので、シャーロット・ゾロトウの他の作品も探してみようと思いました。nejidonさんも大好きな作家さんなんですね♪


      楽しくて、でも心に響く、生きる力になる本。そんな素敵な作品にたくさん触れながら、心を豊かにしていきたいです。*.✳︎⭐︎:。


      素敵なお返事、ありがとうございました。
      2020/08/28
    • ♥♥♥さん
      すみません、フォロー解除してもらって宜しいですか?
      すみません、フォロー解除してもらって宜しいですか?
      2020/08/28
  • こどものころからずっと忘れられない絵本が版元を変えて訳文も挿絵もすっかり新たになった。版元の広告では「日本オリジナル版」とうたっている。
    いまは絶版になってしまったらしい福音館書店からでていた原書のマーサ・アレキサンダーの繊細な挿絵がほんとうに大好きだったのだけれど、今回の酒井駒子さんの挿絵もまたやっぱり格別で、旧版と新版それぞれにとてもいい(これは次女も同じ感想)。諳んじるほどだったなつかしい矢川澄子さんの訳にかわって酒井駒子さん自身による現代的な言葉づかいの訳文が添えられて、またさらに息長く日本中の姉妹に届くといいなぁと思う。

  • 福音館書店から出ていたマーサ・アレキサンダーのも良かったけど、酒井駒子さん超期待!

    あすなろ書房のPR
    小さいいもうとは、いつもねえさんといっしょです。学校へ行くときも、遊ぶときも、おやつを食べるときも。ところが・・・。

    日本オリジナル版、待望の刊行!
    http://www.asunaroshobo.co.jp/home/reservebooks/

  • なんてやさしい言葉・絵
    のぎくの声まで聞こえそう。
    あたたかい気持ちにさせてくれました。
    姉妹のいる方いいわねえ
    いつまでも子供ではおれないけれど

    ≪ いもうとは ねえさんのそば かけていく ≫

  • 2人姉妹の長女なわたし。ねえさんの気持ちがよく分かる。姉になった瞬間から死ぬまで姉にのしかかる重圧。妹は妹の圧があるんだろうな。女同士っていい。姉妹で良かったな。

  • 酒井駒子さんの作品の中でも、これはまた格別でした。

    きっと酒井さんもゾロトウの絵本が大好きだったでしょうか?翻訳もされているのと、この淡いさくら色の表紙にリスペクト感じます。
    いえ、もしかしたらファンへの配慮でしょうか?

    わたしは、のぎくがさく草むらの中で、うっとりと考えているいもうとの姿が大好きです。

    こういう可愛らしい毒っぽさ、酒井駒子さんの真骨頂ですよねー✨ 大好きです。

    生活感があまりない、子どもだけの世界なのもこわいですね。引き込まれます。

    ゾロトウは、作家になる前、編集者だったそうで、素晴らしい作家と組んで多くの絵本を残していますが、もしご存命ならば、酒井駒子さんのこの仕事ぶりに、きっと本当に喜んだのではないでしょうか。

    もとの版も素晴らしいけれど、こちらもとっておきの絵本です!

  • 始まりがどんな形でも、ずっと続く幸せな形は「おたがいに」。
    相手のことを大切に思っていたら自然にそうなるはずなのに、恥ずかしいくらいに尊大になっていたり、卑屈になっていたり。
    相手を大切に思うってこんなことだったと、忘れかけていた一番最初の気持ちをそっと、思い出させてくれました。

  • 4歳9カ月の娘へ読み聞かせ

    私が大好きな酒井駒子さんのイラストということで
    思わず手に取って
    読んだのだけれども

    もう胸にずしりときたよ

    最近ほんとに娘が息子の世話を見てくれて
    よーーく遊んでくれて
    すんごいお姉ちゃんしてくれてるので
    いろいろ考えさせられる

    これからどんな姉弟になるのだろうか

    いつか弟が姉を守ってくれるようになるのかな
    これからの二人を想像するだけで泣ける

  • 2019.5.30
    どっちの気持ちもわかる。ひとりになりたい。心配をよそにひとりを満喫している時のあの感じ。自分がしっかり手をかけよう。それで自分を保っているあの感じ。お互いがあるから、成り立つ。支え合ってる。兄弟姉妹より親子の関係に当てはまりすぎて、ちょっとドキッとする。酒井駒子さんの子どもの絵。それだけでもう。

  • いつも妹はねえさんが助けてくれた
    いつでもねえさんの言う通りにしていれば大丈夫
    でも、あるとき、煩わしくなって人で飛び出す
    必死に追いかけてくるねえさん
    妹が見つからなくてついに泣きだしてしまう。
    泣くことなんてないと思ったねえさんが泣いてしまったので、妹はいつもねえさんがしてくれるように
    さあ、おはな、チンして、と言う
    それからはお互いにお世話をするのだった。

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1915-2013年。米国ヴァージニア州生まれ。ウィスコンシン大学卒業。出版社で50年以上にわたり児童図書の編集者として活躍するかたわら、絵本作家として60冊以上の作品を出版。主な絵本に『うさぎさんてつだってほしいの』(冨山房)、『かぜはどこへいくの』(偕成社)、『ねえさんといもうと』(福音館書店)、『あらしのひ』『いつかはきっと』(ほるぷ出版)、『はるになったら』(徳間書店)などがある。

「2018年 『かあさん、だいすき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

シャーロット・ゾロトウの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マージェリィ・W...
田中清代
ヨシタケシンス...
ショーン・タン
辻村 深月
村田 沙耶香
酒井 駒子
エラ・フランシス...
ヨシタケシンス...
ジョン・クラッセ...
小野寺 史宜
ヨシタケシンス...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×