日本庭園を楽しむ絵本

著者 :
  • あすなろ書房
3.78
  • (3)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (48ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784751529720

作品紹介・あらすじ

石灯籠を最初に庭に取り入れた人は?砂紋はどうやって作るの?浄土式庭園が表す二つの世界とは?日本庭園の種類、歴史、鑑賞方法など、知っておきたいポイントをイラストでわかりやすく紹介。「庭」を通して日本の伝統が学べるユニークな絵本です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大人の絵本だ。庭園が目玉の観光地を訪れる前に絶対に読んでおいた方がいい。…1から訪れなおしたい;

    おじいちゃんとおじいちゃんの庭友だち:ジェラールさんに、庭のことを教えてもらいます。
    ・枯山水(平安時代 橘俊綱『作庭記』)
    ・自然風景式庭園
     池泉舟遊式庭園、池泉鑑賞式庭園、池泉回遊式庭園、浄土式庭園
    ・茶庭
    ・石(山石、川石、海石。石組)
    ・砂紋
    ・水(滝、州浜、舟着、中島、曲水、遣水)
    ・景物(石灯籠、筧、枝折戸、袖垣、手水鉢、飛び石、沓脱石)
    ・垣、橋、苔
    ・庭仕事
    ・春夏秋冬
    ・日本庭園の歴史
    ・日本の美しい庭マップ

    庭づくりはずっと続く。
    作庭が4割、その後の手入れが6割

    ☆これから“庭”を巡るとき、もっとその造りを味わえそうだ。

  • Mの朝の音読に。
    日本の庭園の知識が少し増えたら素敵かも、なんていう軽い気持ちで手に取った絵本。
    細々とみっちり庭情報が盛り込まれてるので、音読なんてとんでもない感じ。
    辞典みたい。
    日本の美しい庭マップに始まり、石庭、石の種類に置き方、砂紋、水の庭、景物、敷石、垣根、苔、道具、季節の植物、そして歴史!
    細々と優しげなイラストをみてると、美しい庭を観に行きたくなる。
    最後の台詞が刺さった。
    「日本庭園は庭づくりが4割、その後の手入れが6割」「庭づくりはずっと続きますからね。」

  • 子どもの本には珍しい日本庭園の本。この作家さん、園芸大好きなのね。

  • バラのアイコンは、本書で紹介の旧古河庭園で撮影。絵本だけど、子どもがこれらを理解できるのかなと思ってしまった。小学生の頃、祖父に連れられて偕楽園に行ったが、侘び寂びを理解できるようになったのはかなり後。

  • 図書館の新刊コーナーで見つけて「あっ!これ盆栽えほんの人だ(゜▽゜*)」と思って連れて帰ってきました(^^)どれも素敵な日本庭園!(*>∀<*)自分ではお世話できないから、日本庭園巡りの旅に出たいなぁ(*´∇`*)

  • 日本庭園を知る入門書。

  • 灯台躑躅ドウダンツツジ

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

園芸好きの祖父のもと幼い頃から植物に親しむ。植物に携わる様々な仕事を経て庭をつくる仕事へ。造園会社退社後、それまで描きつづけてきたイラストと植物の仕事でフリーとなる。現在イラストレーターと造園家として活動。 著書に『にわのともだち』『じょうろさん』(偕成社)、『盆栽えほん』(あすなろ書房)「小学校国語教科書,表紙」光村図書出版、他雑誌、装画の仕事など。

「2021年 『バトン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大野八生の作品

ツイートする
×