ブライアン・スティーヴンソン (信念は社会を変えた!6)

著者 :
制作 : ジェフ・ブラックウェル&ルース・ホブディ 
  • あすなろ書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (88ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784751530061

作品紹介・あらすじ

「信念は社会を変えた!」シリーズ第6弾。
「アメリカの若きマンデラ」は、どのように誕生したのか?映画『黒い司法』の原作者、弁護士ブライアン・スティーヴンソンの特別インタビュー!

このシリーズは、ネルソン・マンデラの生涯に着想を得て、現代の影響力をもつリーダーたちが真に重要と考えていることを記録し、共有するために編まれました。ネルソン・マンデラ財団のプロジェクトとして、その思想や価値観、業績によって人々を助け、奮いたたせている、傑出した多彩なリーダーたちとの独自インタビューによって構成されています。

著者プロフィール

原田勝 Harada Masaru
1957年生まれ。東京外国語大学卒業。長編の翻訳に『弟の戦争』『ハーレムの闘う本屋』『ペーパーボーイ』『コピーボーイ』『ヒトラーと暮らした少年』『夢見る人』、絵本の翻訳に『夜のあいだに』『セント・キルダの子』などがある。

「2021年 『ぼくは川のように話す』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原田勝の作品

ブライアン・スティーヴンソン (信念は社会を変えた!6)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×