ぼくはおじいちゃんと戦争した

  • あすなろ書房
4.06
  • (7)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 69
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784751530344

作品紹介・あらすじ

おばあちゃんが亡くなって元気のないおじいちゃん。フロリダから呼び寄せ、一緒に暮らすことになったのはうれしいけど、おじいちゃんが使うのはお気に入りがつまったぼくの部屋。これは一大事だ!

ロバート・デニーロ主演映画『The War with Grandpa』(2020年、全米興行収入初登場第1位)原作本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • とっても面白く読んだんだけど、
    まさか古い作品の新訳だとは!!びっくり。
    それくらい新鮮に読めました。

    タイトル通り、自分の部屋を取り戻すために、おじいちゃんと戦争をするジャック。
    戦争のはじまりと終わり、戦争の意味を問いかけけてくる、とても良い作品です。
    なんで戦争をしちゃいけないのか、を説教ぽくなく語られるところがいいと思います。

    オチがもう完璧。
    このオチのためにぜひ読んで欲しい。

  • 2020年から2021年の児童文学を読むため、図書館で借りた。

    フロリダに住むおじいちゃんは、おばあちゃんが亡くなってから元気がない。
    お父さんとお母さんは、おじいちゃんを呼び寄せて、いっしょに暮らすことにした。
    でも、ぼくの部屋をおじいちゃんの部屋にすることに決められてしまい……。

    心の回復と「戦争」を考える本?
    個人的にはそんなにピンと来ませんが、おもしろかったです。
    1984年に出版され、アメリカの児童文学賞を数多く受賞し、2020年に映画化されたそうです。
    たしかに、映画向きなおはなしで、男の子も女の子も好きそう。
    いたずらがありつつ、しっかりとヒューマン・ドラマです。
    字は小さいですが、「ぼく」=ピーターの語り&作品仕立てで、文章も読みやすいです。
    真珠湾攻撃が出てきてどきっとしました。
    小学校4年生くらいから。

  • ぼくが「戦争」を始めるシーンでタイトルの意味が分かり、わくわくしながら読み進めた。
    こどもの「ぼく」にもきちんとここまではやって良い、ここは越えちゃいけない・やってはいけない、という自分なりのラインがあり、揺らいだり後悔したり失敗する中でおじいちゃんと心が通い合っていくのが良い。おじいちゃんにも揺らぎがあり、優しさやチャーミングさが感じられる。
    読み終わった後で原書は1984年に出版されたものと知って驚いた。現代のストーリーとして違和感が全くない。物語の持つ普遍的なテーマとこだまさんの訳の丁寧な言葉選びの賜物だと思う。

  • 中標津町図書館  佐久間 裕樹

  • おばあちゃんが亡くなって元気のないおじいちゃんが一緒に暮らすことに。ピーターは大喜びだったが、自分の大好きな部屋をおじいちゃん用に取られて怒りがおさまらない…
    おじいちゃんに宣戦布告、部屋を取り戻すまでおじいちゃんと戦争することに…

    戦争をするということ、その始まりと終わり、敵をつくる、仲のいい友だちの助言、やっていいことといけないこと、本気とユーモア。
    ピーターの国語の作文として書かれた文章はテンポが良く、読みやすい。
    ピーターが学んだこと、おじいちゃんとの戦争の終わりに深い余韻が残る。

  • 2021.06.20

  • 戦争というテーマ(言葉)がどう扱われるんだろう、という少しの不安とともに読み進めたのだが、個人的に&結果的には、読んでよかった。

    お話は、次の展開が楽しみで読みやすく、またおじいちゃんと戦争をはじめてしまった僕の葛藤の様子がこまかに描かれてて印象的だった。

    小5になる娘も読んで、ラストがよかったと言ってた。

  • この本は1984年に出版された作品の新訳だが、物語は古く感じられず、現代の子どもが読んでも、まったく自然に物語に入り込めるはずだ。

    ピーターは大好きな部屋をおじいちゃんにとられたからと、おじいちゃんに戦争をしかける。おじいちゃんは戦争を経験した世代だからか、何も知らない子どもがそんなふうに戦争をするなんて軽くいうのがはじめは許せない。しかし、ピーターに対抗しはじめると、ふさぎこんでいた気持ちが元気になっていく。ピーターはピーターで、おじいちゃんの攻撃を受けて、戦争というものがどんなものか、仕返しを続けることで終わらず、大きくなっていくものだということを理解していく。

    最後には、やはりおじいちゃんが上手というか、おじいちゃんのおかげでピーターも満足する結果になって、よかった。

    個人的には「ゲリラ戦」をピーターが間違えて「ゴリラ戦」といったり(そりゃあおじいちゃんも爆笑するわ)、言葉遊びをしている部分がけっこうあって、そこの訳がうまくてさすがです、と思った。

全10件中 1 - 10件を表示

こだまともこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カズオ・イシグロ
ソフィー・アンダ...
ヨシタケ シンス...
アラングラッツ
凪良 ゆう
F.エマーソン・...
バーバラオコーナ...
ジュゼッペ・フェ...
恩田 陸
アントニオ・G・...
デボラ ホプキン...
小森香折
辻村 深月
寺地 はるな
R・J・パラシオ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×