ぷくちゃんのすてきなぱんつ

  • アリス館
3.98
  • (29)
  • (27)
  • (23)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 301
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (27ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784752001843

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  ぷくちゃんはオムツが取れて、今日からパンツ!だけど、ぷくちゃんは、おもらしの失敗ばかり・・・。でも、そんなとき、おかあさんが優しいお顔で、『だいじょうぶ だいじょうぶ。はい、おかわりパンツ』とすてきなパンツを渡してくれます。ぷくちゃん、がんばれ~!!と思わず声援を送ってしまう絵本です。トイレトレーニングは、どの子達も必ず通る道。この絵本は、トレーニング中の子もトレーニングをすでに卒業しちゃった子ども達も、みんなが感情移入できる絵本です。

  • 上の子のトイレトレーニングで苦労していたときに買って、読み聞かせました。子どもも親も、「(トイレトレーニングを)失敗してもいいや」と思える素敵な本です。何回失敗しても、洗えばよい。たくさんパンツを用意しておけばいい。たくさん失敗して、たくさん洗濯して、たくさん干して、並んだパンツを眺めて楽しもう。
    ・・・現実的には、失敗したら床を拭いたり、時にはソファーのシーツもはがして洗わなきゃいけなくなったり、はいはいしてきた妹がおしっこの水たまりに突入したりしてもっと大変だけど、この絵本には少なからず救われました。

  • 2017.9.17
    失敗しても新しいパンツが次々出てくる。大丈夫大丈夫。どんどん失敗していいんだ。大人がなんとかするからね。トイレトレーニングは神経質にならなくて全然いい。いっぱい失敗して徐々にできるようになればいいのだ。いつか来る「できたっ!」を楽しみに。この絵本は、はやくオムツ取りたいって気持ちでは読みたくない。おかわりパンツがあるからだいじょうぶ。最後まで失敗しててできてよかったねじゃないところ、お母さんが怒らないところがいい。トイトレでは決してないのに、結果トイトレになるっていう。表紙裏のずらっと並んだいろんな柄のパンツも楽しい。

  • 娘2歳6ヶ月
    わたしも娘にこうしてあげたい、なー。

  • 来年からの幼稚園を目指して、ゆるーーーーーく、トイレトレーニングしている娘。これは失敗から少しずつ成功へと導いてくれるので、とても良かった♪ぷくちゃん可愛い。このシリーズもっと読みたいです。ぷくちゃん=自分、ぷくちゃんのおかあさん=ママ(私)に読み替えろ!!と言ってききません。間違えると訂正されます(´・ω・`)(2歳3ヶ月)

  • 図書館本。トイトレの前に読んだ本。失敗してもいいんだぞー。

  • トイレトレーニングが少しでも進めばいいなぁという期待を込めて。
    成功の前に何回もの失敗があるけど、“失敗しても大丈夫”って安心感を与えてくれる内容が気に入った。
    読み終えた時、自分から「パンツ履きたい」と言い出した2歳10ヶ月の息子。いい効果出てるのかな。ラストの「どの ぱんつが すき?」では、元気よく「いちごのパンツ!」と答えていた。色黒がっちり系の男の子の君にはちょっと、いやかなり厳しいんでないかい?w

  • トイトレ用に。
    娘も気に入って何度も読まされてます。
    何度失敗しても大丈夫という安心感が子どもにも伝わればいいな。
    しかし願わくば出る前に、呼んでほしいというのが母の本音。

  • トイレトレーニング用に。
    「いくらでもおかわりパンツあるよ~」というママの姿勢に、背子を押されました。

  • パンツをはくモチベーションをあげてくれ、かつ、「失敗しても大丈夫!」と勇気づけてくれる本。
    トイトレのきっかけ作りの1つになる!!

全31件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ひろかわさえこ
1953年、北海道小樽市にうまれる。
武蔵野美術大学視覚伝達デザイン科卒業。創作絵本に「ちいさなやさいえほん」シリーズ、「ちいさなくだものえほん」シリーズ、「やさいむらのなかまたち」シリーズ、「ぷくちゃんえほん」シリーズ、「かばくん・くらしのえほん」シリーズなど、絵本に『ぞろりぞろりとやさいがね』『ともだちになろうよ』『声の森』など多数がある。

「2020年 『おむすびころりん はっけよい!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ひろかわさえこの作品

ぷくちゃんのすてきなぱんつを本棚に登録しているひと

ツイートする