ブップーバス (あかちゃんのりものえほん)

  • アリス館
3.80
  • (13)
  • (13)
  • (15)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 181
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784752004004

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 車好きの息子が喜んでみました。

  • 車好きな息子にヒット

  • 図書館で借りた

  • 1:9 停留所に停まるたびに、色んな乗り物がバスを追い抜いていくという景色に目をつけたのが斬新。 3:1

  • とよたさん、やっぱり大好き。カバーの折込み部分も絵本の一部。このバスや様々な乗り物が走る街はきっと平和だ。救急車も走るけど、なぜか誰も死なない気がする。この街に住みたい、と思わせてくれる。娘も「ブップー」って読むとにこにこです。(1歳2ヶ月)

  • 2歳0ヶ月娘セレクト

  • 繰り返しのリズムが、読んでて楽しい。
    可愛いいクルマがたくさんのっていて
    のりもの好きのウチのコはくぎずけになっていた。

  • 2016.3 暗誦すると、本を取りに行ってくる!覚えてる!
    2016.6 とってもお気に入り。

  • ブップー ブップー の響きがくせになる。

  • 保育園の本棚にあり、息子が持ってきてくれる本。ブップーブップーとリズムが良くて親しみやすい。同じ作者ののりものシリーズも読みやすそうで気になる。

全29件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年宮城県生まれ。主な作品に『どんどこももんちゃん』(第7回日本絵本大賞)の「ももんちゃんあそぼう」シリーズ、『おにぎりさんがね・・』など「おいしいともだち」シリーズ(童心社)、「うららちゃんののりものえほん」シリーズ、「ワニのバルボンさん」シリーズ(アリス館)、「ぽかぽかおふろ」シリーズ(ひさかたチャイルド)の他、『でんしゃがくるよ』『はい、タッチ』(童心社)など、紙芝居作品も数多く手掛ける。最新刊は『ぱかぱかももんちゃん』(2020年3月)。

「2020年 『紙芝居 にょろ にょろり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

とよたかずひこの作品

ブップーバス (あかちゃんのりものえほん)を本棚に登録しているひと

ツイートする