おでかけえほん でんしゃにのって (うららちゃんののりものえほん)

  • アリス館
4.11
  • (3)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 95
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784752007265

作品紹介・あらすじ

もちはこびにぴったり!てのひらサイズ。でんしゃ、くるま、レストランなどのおともに。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2歳初めの頃に読み聞かせ。
    電車がもともと好きなこともあり、繰り返し「よんで」と持ってきた。色々な動物が乗ってきて、楽しい絵本。

  • 通常サイズを図書館で借りて、返して。次にいったときに棚に展示してあり「あれや」と言うので渡すと離さない。借りるときも帰るときも。
    なのでこちらを購入。やはり離さない。取るとものすごくわめくくらいすき。どこだー(ここだ)やがたことーとひとりで身体を揺らし喋りながら読んでいる。

  • 息子が電車ブームなので購入。大好きでなんども読む。持ち運べるのがよく、電車でぐずった時にも同じように「次は〇〇駅〜」と実際の駅に変えて聞かせると真剣に聞いてくれたり。私は「おやまんいん・・・」と言うセリフと動物さんの連携プレーがお気に入り。息子は初めから最後までお気に入り。(1歳6ヶ月)

  • 2歳4ヶ月。
    園の劇遊びで使われた絵本。見つけたので借りてきました。きっぷを落としてしまう所が好き。「落としちゃったねえ!」て毎回言ってくれます。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1947年宮城県に生まれる。早稲田大学第一文学部卒業。東京都在住。『どんどこももんちゃん』(童心社)で第7回日本絵本賞受賞。主な作品に『ももんちゃんどこへいくのかな?』他の「ももんちゃんあそぼう」シリーズ、『おもちさんがね‥』他の「おいしいともだち」シリーズ(以上、童心社)、『バルボンさんとさくらさん』他の「ワニのバルボン」シリーズ、『でんしゃにのって』他の「うららちゃんののりものえほん」シリーズ(以上、アリス館)、『はじまるよはじまるよ』他の「たいそうシリーズ」(世界文化社)、『ぼくんちのおふろやさん』他の「ぽかぽかおふろ」シリーズ、『おんぷちゃんとねこ』他の「おんぷちゃん」シリーズ(以上、ひさかたチャイルド)などがある。

「2022年 『おんぷちゃんとたいこ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

とよたかずひこの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×