人と出会う場所 世界の市場

著者 :
  • アリス館
3.50
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784752007760

作品紹介・あらすじ

市場からたくさんの文化や新しい流行、そして地名までもうまれてきたのでしょう。市場は、人と人とが出会い、集い、交じりあい、新しい力が生まれる場所なのです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館で展示されていたところ、たまたま手にとった一冊。世界中の様々な市場がカラフルな写真満載で紹介されている。花、魚、つぼ、そして動物の市場。どこの市場も活気に溢れる市場ばかり。そういえば学生時代に行ったタイの水上マーケットも活気があったなぁ、と懐かしい気持ちになれた。日本にも一風変わった、素敵な市場はありそうなので、是非載せてほしいと思った。

  • 写真絵本が好きなので、どこかで目にして気になっていた。

    世界の「市場」の写真絵本。
    品物、市場、売買の様子、4ページほどで1つずつ紹介している。

    絵本というより、知識の本。
    百聞は一見に如かずという感じで、目から入る情報量がとても多くて、よみおえるまで数日かかりました。(一気によめない感じ)
    日本の市場の様子も入っていたら、もっと良かったです。
    個人的には、インドの花についてのページが印象に残りました。
    「インドでは、お祭りのとき、車を買ったとき、神様にお祈りするときなど、いろいろな場面で花輪がつかわれます。また、南インド地方では、たばねた髪にジャスミンの花をかざるのが定番のスタイル。」なんですって、すてき。
    シルクロードは出てきませんが、そういう果てしない感じがするものも、市場で人と出会って文化が伝わっていくこと、その繰り返しなのだなぁとしみじみ思いました。

全2件中 1 - 2件を表示

小松義夫の作品

ツイートする