日向丘中学校カウンセラー室

著者 :
  • アリス館
3.33
  • (5)
  • (3)
  • (12)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 81
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784752009481

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【収録作品】1 かわいい勘違い/2 自分の居場所/3 ハルジオンとヒメジオン/4 三つの名前/5 何が金?
     よくも悪くも軽い。対象は小学校高学年くらいかと思うが、カウンセラー視点なので、むしろ大人に(やんわりと)刺さるのではないかと思う。

  •  日向丘中学校のカウンセラーの綾さんは、生徒のお姉さん的存在です。そして、綾さんと同じくらい生徒の気持ちを落ち着かせてくれるのが、用務員の清二さんと、カウンセラー室の奥に置かれた木製の椅子。
     さまざまな人や物が生徒の成長を静かに見守ります。

  • 聞いてもらうだけで楽になるってあるよなぁ。家族とか先生じゃないならなおさら。私も行きたい。

  • スクールカウンセラーの存在を身近に感じられるようないい印象。内容も重くなく、読みやすい。カウンセラー室がある学校ってどのくらいあるんだろう?

  • 自分の母校の中学にカウンセラーとして赴任した谷川綾と、カウンセラー室にやってくる生徒たちとのお話。
    用務員の清二さんや、綾が相談している相手とか、徐々に誰だかわかっていく。

    日本ではまだなじみの薄いスクールカウンセラー、読後も今一つな感じでした。

  • いつも解決があるわけじゃない

    「え?この話、これで終わり?」と思ってしまうけど、カウンセリングってこういうものなのかもしれない。いつも明確な答えや解決や意味があるわけじゃないということをこんなに忙しい時代を生きている私たちは忘れがちなのかも。
    双子は双子を見破れるか試したかっただけかもしれないし、2回も持ち出したお母さんの話がホントに心に引っかかっていたのかもしれないし。人の心はそんなに早く結論の出るものではないことを思い出させてくれる。
    でも現実はこんなに甘くないぜ!

  • 友達のつくりかた、教えてください!日向丘中学校、カウンセラー室。綾さんのもとにやってくるのは、ちょっと変った相談で・・・。オチにツッコミを入れたくなるけど、内容はほっこり。特にカウンセラー室の描写がとても素敵でした。棚の上にメダカと金魚の水槽。窓辺には観葉植物とハーブのプラウンター、セージグリーン色のカーテン。ロッキングチェア。こんなカウンセラー室があったら落ち着くと思います。

  •  中学校のカウンセラー綾さんと、中学生達とのふれあい。

     伝説のゴーストと、用務員の清二さんが、キーパーソン。

  • 本職のSCさんが読んだら、ツッコミどころ満載なんだろうなあと思いつつ、短編集としては面白かったです。実際のSCは、こんなにまったりしてないとは思いますが、あんまり立ち入って書いても、YAじゃなくてSCのお仕事小説になっちゃいますしね。

    個人的には、綾さんが週何日勤務なのか最後まで明言されなかったのが気になりましたが…。うーん、作中で非常勤って明言されてるけど、時給単価でもないって言ってるから、SCを週5日配置するような、特殊な自治体なのかしら?

  • 帯:友達のつくりかた、教えてください!
    日向丘中学校、カウンセラー室。綾さんのもとにやってくるのは、ちょっと変わった相談で…?
    心あたたまる連作短編

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1966年、福岡県生まれ。2005年、「オールドモーブな夜だから」で第46回講談社児童文学新人賞佳作に入選(『カラフルな闇』と改題して刊行)。『おとうさんの手』(講談社)が読書感想画中央コンクール指定図書に選定。『鉄のしぶきがはねる』(講談社)で第27回坪田譲治文学賞、第4回JBBY賞を受賞。他の著書に、『無限の中心で』(講談社)、『伝説のエンドーくん』(小学館)、『思いはいのり、言葉はつばさ』(アリス館)などがある。

「2020年 『じりじりの移動図書館』 で使われていた紹介文から引用しています。」

まはら三桃の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宇佐見りん
アラングラッツ
ヨシタケシンスケ
ヨシタケシンス...
こまつ あやこ
小手鞠 るい
まはら 三桃
佐藤 まどか
坂木司
凪良 ゆう
伊坂 幸太郎
寺地 はるな
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×