サリンジャー選集(3) 倒錯の森〈短編集2〉

  • 荒地出版社
3.59
  • (11)
  • (16)
  • (35)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 149
感想 : 9
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784752100027

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 一頃、何度も繰り返し読んだ大好きな作品。

  • 五つの短編が含まれているが、何といっても「倒錯の森」が素晴らしい。
    (この「倒錯の森」だけは、中編といってもいい長さではある。)

    こんな小説が書けたら死んでもいい。
    あるいは死ぬときはこんな小説を読んでいたい。
    というくらい。

    壊れた詩人と、その詩人に壊される女の話。

    「荒地ではなく 木の葉がすべて地下にある 大きな倒錯の森なのだ」

    サリンジャーの物語はいつも「俗世」と「そうではないどこか純粋な世界」とが出てくる気がする。

    あらすじがどうこうよりも、小説から発せられる光でぐいぐい読み進めさせる。
    文章の密度が高くなく、少しの「すき間」が文章にあり、そこから発せられる木漏れ日のような光。
    思春期のせつない記述から始まり、大人になって少しずつ壊れていく人間達。その崩壊には思春期のせつない記憶が多大に影響している。
    俗世間では「精神的に壊れている」と呼ばれる芸術家達。しかしそれを「壊れた」と呼ぶのは果たして正しいのかな?

    お風呂で読んでて「まだ読みたい、まだ読みたい」となって、お風呂からなかなか出られない、そんな本だった。
    そして読み終えたことがさみしくなる、まだまだ読んでいたい本だった。

  • サリンジャーって、すごい面白いと
    改めて感じさせられた。
    読むたびに、違う印象を受ける感じ。

  • これで,とりあえず日本語で書かれているサリンジャーは制覇.
    サリンジャーに関してはもはや書きすぎたので,もう書かなくてよいかと思う.
    ライ麦畑でつかまえて,が一番有名なのだけれど,グラース・サーガのシリーズの方がずっとよいと思う.ちなみに村上春樹のキャッチャーインザライは論外.台無し.

  • あまり陽の目に当たらない作品集なんだけども なんというかサリンジャーの中で一番人間味の溢れてるんじゃないかと思う 特に良かったのが『ブルー・メロディ』

  • サリンジャー  もう一度だけ  書いてくれ

全9件中 1 - 9件を表示

J.D.サリンジャーの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×