歌集『沈黙と落日』

著者 :
  • 飯塚書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784752281375

作品紹介・あらすじ

収録歌より
七十八歳、亡父の齢に追ひつくもなほ想ひゐる戦場の父
戦場を語ることなく沈黙をまもり通して逝きし父はや
セピア色せる戦場の一枚の父の写真に〈武漢攻略〉
戦前もその亦戦後も繰り返す欺瞞隠蔽疫病のごと
積極的平和主義とふ詭弁なるいつか来た道今ぞ殲くべし
潔く散れ花に嵐のごとくちれ死の香ただよふ桜花うとみ来
母が遺骨抱き帰りし日の夕の見たこともなき巨き落日
またひとつ雪の茅舎の火影きえ限界集落になりてゆくらし
「どん底」とふ茶房に独りランボーを読みつつ聴きゐし鎮魂の曲

著者プロフィール

1941年 東京に生まれる
1964年 大学卒業 同年銀行に入行 定年退職まで三十七年間勤続
歌歴「槻の木」「潮音」を経て現在無所属
第一歌集『荒磯路』
書道同文会準会員

「2021年 『歌集『沈黙と落日』』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする
×