「テロとの戦争」とは何か―9.11以後の世界

著者 :
  • 以文社
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784753102228

作品紹介・あらすじ

「テロとの戦争」の当面の結果が、アフガニスタンの徹底的な破壊であり、さらには「最悪」を更新し続けるパレスチナの惨状である。「テロリスト」ならどんな手段で撲滅してもかまわない、いや「文明世界」の安全のために殲滅しなければならない。ブッシュとその仲間がそう宣言し、世界の主要国の首脳たちがそれを認めて以来、すでに虐殺の責任を問われているアリエル・シャロンのような人物が、大手を振って「正義」を執行する。9.11以後の世界の変質に警鐘を鳴らす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アメリカには他者経験がない。敗戦を経験したことがない。
    テロとの戦争は始まったばかりでなく、長く続くとブッシュは演説した。これは一時の非常事態ではなく、恒常的な体制を目指しているとううこと。最強国の無法な軍事性津圧であるテロとの戦争はなぜ恒常化されなければならないいのか。テロとの戦争は世界の貧困地域をますます荒廃させ、不断にテロの温床を生み出す可能性があるからであり、ありうるべきテロかr亜グローバル経済の安全を守る必要がある。つまりテロとの戦争とは、グローバリゼーションが必要とする新たな軍事的安全保障体制である。

全1件中 1 - 1件を表示

西谷修の作品

ツイートする