民主主義は、いま? 不可能な問いへの8つの思想的介入

  • 以文社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784753102877

作品紹介・あらすじ

フランスの独立系出版社「ラ・ファブリック」が、現代を代表する思想家8人に素朴かつ深淵な問いを投げかけた―あなたは自らを「民主主義者」と言うことに意味がありますか?―。「民主主義」という、冷戦の終結・グローバリゼーションの発展以後、急速に規定の難しくなった政治的概念に対して、彼らはいかなる考察をもって揺さぶりをかけるのか?
―政治思想の最新の成果がここに集結する!―

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【目次】

    ジョルジョ・アガンベン
    民主主義概念に関する巻頭言

    アラン・バディウ
    民主主義という紋章

    ダニエル・ベンサイード
    永続的スキャンダル

    ウェンディ・ブラウン
    いまやわれわれみなが民主主義者である

    ジャン=リュック・ナンシー
    終わりある/終わりなき民主主義

    ジャック・ランシエール
    民主主義諸国 対 民主主義

    クリスティン・ロス
    民主主義、売出し中

    スラヴォイ・ジジェク
    民主主義から神的暴力へ

    訳者あとがき
    筆者紹介

    *****

  • 【目次】

    ジョルジョ・アガンベン
    民主主義概念に関する巻頭言

    アラン・バディウ
    民主主義という紋章

    ダニエル・ベンサイード
    永続的スキャンダル

    ウェンディ・ブラウン
    いまやわれわれみなが民主主義者である

    ジャン=リュック・ナンシー
    終わりある/終わりなき民主主義

    ジャック・ランシエール
    民主主義諸国 対 民主主義

    クリスティン・ロス
    民主主義、売出し中

    スラヴォイ・ジジェク
    民主主義から神的暴力へ

    訳者あとがき
    筆者紹介

    *****

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

ジョルジョ・アガンベン(Giorgio Agamben)
1942年生まれ。美学者・哲学者。パリ国際哲学コレージュ、マチェラータ大学、ヴェローナ大学、ヴェネツィア建築大学などで教え、現在はズヴィッツェラ・イタリアーナ大学メンドリジオ建築アカデミーで教鞭をとる。
主な著書に、《ホモ・サケル》シリーズとして、I『ホモ・サケル』(1995年、邦訳:以文社)、II-1『例外状態』(2003年、邦訳:未來社)、II-2『スタシス』(2015年、邦訳:青土社)、II-3『言語活動の秘蹟』(2008年)、II-4『王国と栄光』(2007年、邦訳:青土社)、II-5『神の業』(2012年)、III『アウシュヴィッツの残りのもの』(1998年、邦訳:月曜社)、IV-1『いと高き貧しさ』(2011年、邦訳:みすず書房)、IV-2『身体の使用』(2014年、邦訳:みすず書房)。近著として、『哲学とはなにか』(2016年、邦訳:みすず書房)がある。

ジョルジョ・アガンベンの作品

ツイートする