モーツァルトとベートーヴェン その音楽と病―慢性腎臓病と肝臓病

著者 :
  • 医薬ジャーナル社
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 4
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784753223497

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 現代でも愛されている2人の作曲家について、病と音楽の分析について書かれている。
    症例検討会~CPC(clinico-pathological conference)風に、モーツァルトとベートーヴェンについて述べられているのがまた面白い。

    モーツァルトの《クラリネット協奏曲第2楽章》は筆者が死ぬ前に聴きたいと思うほどの名作だそう。

    また、ベートーヴェンの性格は、執着気質、徹底主義、完璧主義。
    音楽のテーマも一つにこだわるそう。
    《創作主題による32の変奏曲》は、ハ短調と運命的な調性である秀作にもかかわらず、なぜか作品番号はつけられずに「WoO(作品番号なしのという意味)80」となっている1806年の作品。

    ぜひこの2曲は聴いてみたいと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

湘南鎌倉総合病院 院長代行/腎臓病総合医療センター長

「2020年 『透析患者の足を守る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林修三の作品

最近本棚に登録した人

ツイートする
×